使える就活サイトの一覧表|ES見放題や無料の適性診断▶︎

Unistyleの評判や特徴、メリット・デメリットを内定者が解説

 

早稲田生であり、大手企業内定者のソチです。

私が就活生時代に一番お世話になった就活サイトはUnistyleです。

Unistyleは、質の高い就活記事が読めることに加えて、2万枚以上の内定者のエントリーシートが見放題です。

 

Unistyleを活用することで、就活をうまく進めることができます。

この記事では、そのUnistyleの特徴や評判、利用するメリット・デメリットを解説します。

 

Unistyleのホームページを見る

 

Unistyleの特徴

 

まずは、Unistyleの特徴をわかりやすく解説していきます。

Unistyleを一言で表すと、「2万枚以上のエントリーシートと質の高い記事が読み放題の就活サイト」です。

エントリーシートや面接の対策、業界研究や企業研究には欠かせない就活サイトとなっています。

 

Unistyleの特徴をまとめていきます。

Unistyleの主な特徴には、以下の5つがあります。

  1. 2万枚以上のエントリーシートが見放題
  2. 人気企業の選考締め切り情報が確認できる
  3. 質の高い就活記事が読める
  4. すべてが無料で利用できる
  5. 限定イベントに参加することができる

 

2万枚以上のエントリーシートが見放題

 

Unistyleでは、2万枚以上のエントリーシートを見ることができます。

エントリーシートが読める就活サイトはいくつかありますが、そのなかでも圧倒的に枚数が多いです。

エントリーシートの枚数が多いだけでなく、その質が高いことがUnistyleのポイントです。

 

内定者のエントリーシートを見ることは、エントリーシート対策には欠かせません。

内定者のエントリーシートの特徴や構成を学ぶことで、エントリーシート通過率を高めることができます。

私はUnistyleでエントリーシート対策をしたことで、本選考での通過率がとても高くなりました。

 

Unistyleでは、このように様々な業界のエントリーシートを見ることができます。

 

2万枚以上のエントリーシートデータを活用して、通過率を高めていきましょう。

 

人気企業の選考締め切り情報が確認できる

 

Unistyleでは、人気企業の選考締め切り情報を確認することができます。

こちらが、Unistyleのマイページでの選考締め切り情報の様子です。

 

選考の締め切り情報が確認できるため、申し込みの忘れやエントリー企業の決定に役立ちます。

Unistyleの締め切り情報を参考にして、就活をうまく進めていきましょう。

 

質の高い就活記事が読める

 

Unistyleでは、就活に役立つ質の高い記事を読むことができます。

私は様々な就活サイトの記事を読んできましたが、Unistyleの記事の質はトップレベルでした。

Unistyleでは、このような記事を読むことができます。

 

就活を進めるために必要な知識はすべて身につきますので、ぜひ活用してください。

私はUnistyleでグルディスや面接のコツを学んだことで、大手企業に内定がもらえたと思っています。

 

すべてが無料で利用できる

 

Unistyleは、すべてのコンテンツを無料で利用することができます。

2万枚以上のエントリーシートや質の高い記事、選考締め切り情報まですべて無料です。

お金がかかることは一切ありませんので、使っておいて損はないでしょう。

 

限定イベントに参加することができる

 

Unistyleでは、就活に役立つ様々なイベントを実施しています。

最近では「ICHIGEI」という就活イベントが、様々なメディアに取り上げられていました。

「ICHIGEI」とは、一芸を持った就活生がそれを企業にアピールするイベントです。

 

このように、Unistyleでは様々な就活イベントが開催されています。

就活に役立つものが多いので、興味があるイベントがあれば参加してみてください。

 

Unistyleに今すぐ無料登録する

スポンサードサーチ

Unistyleは怪しい?

 

私は就活生時代に、様々な就活サイトに登録をしていました。

就活サイトのなかには、怪しい業者が運営しているものがあることも事実です。

私はとある就活サイトに登録をしたら、就活業者に個人情報を流されたことがあります。

 

就活サイトに登録するときには、安全であるかを確認することが重要です。

Unistyleは大手の就活サイトですし、迷惑メールなどが届くことは一切ありませんでした。

そのため、Unistyleは安心して利用することができ、就活生に寄り添った就活サイトであるといえます。

 

Unistyleを利用するメリット

 

Unistyleの特徴は、だいたい理解することができたと思います。

つぎに、Unistyleを利用するメリットを紹介します。

Unistyleを利用するメリットには、以下の7つがあります。

  1. すべてが無料で利用できる
  2. エントリーシート対策に役立つ
  3. 選考締め切り情報を確認することができる
  4. 就活記事の質が高い
  5. 大手の就活サイトで安心して利用できる
  6. 様々な就活イベントを開催している
  7. エントリーシートが売れる

 

質の高い就活記事が読めることに加えて、2万枚以上のエントリーシートが見れることが最大のメリットです。

また、Unistyleでは、就活を終えた就活生のエントリーシートを募集しています。

エントリーシートをコピペして提出するだけで報酬がもらえるため、お小遣い稼ぎには最適でしょう。

 

エントリーシートを買い取ってくれる金額は、企業によって異なります。

1枚につき300円で計算してみると、エントリーシート20社で6000円をもらうことができます。

アルバイトをするよりも効率が良いので、ぜひ活用してみてください。

 

Unistyleで内定者のESを見る

 

スポンサードサーチ

Unistyleを利用するデメリット

 

Unistyleのデメリットも本音で紹介します。

デメリットを知ることで、登録する価値がある就活サイトかを確かめてください。

こちらが、Unistyleを利用するデメリット3つです。

  1. 就活イベントが高学歴向け
  2. 記事のレベルが少し高い
  3. 中小企業のエントリーシートは少ない

 

Unistyleの開催する就活イベントは、高学歴向けであることが多い印象です。

先ほど紹介したICHIGEIの初回の開催は、早稲田生のみが参加できるものでした。

また、記事のレベルが少し高いため、就活初心者の方には少し難しいかもしれません。

 

Unistyleでは2万枚以上のエントリーシートが見れますが、それらは大手企業のものが多いです。

中小企業やベンチャー企業のエントリーシートは、少ない印象を受けました。

そのため、中小企業やベンチャー企業を志望する就活生にとっては、物足りない内容かもしれません。

 

Unistyleの評判や口コミ

 

Unistyleの使い方やメリット・デメリットがわかったと思います。

次に、Unistyleの評判や口コミについて解説していきます。

Twitterで「Unistyle」と検索してみて、就活生の感想をまとめてみました。

 

 

おすすめの就活サイトとして、Unistyleが紹介されていました。

Twitterで検索してみても、Unistyleの悪い噂は見つかりませんでした。

 

 

エントリーシート作り、選考対策に最適な就活サイトとしてUnistyleが紹介されていました。

私もエントリーシート対策にはUnistyleを活用していました。

 

 

19卒で就活をしていた方が、必須の就活サイトとしてUnistyleを紹介されていました。

この方が紹介している就活サイトは、私もすべて利用していました。

 

 

20卒の方が、登録している就活サイトとしてUnistyleを紹介していました。

選考情報が見れるONE CAREERは、私も就活生時代に利用していました。

 

Unistyleの公式HPを見る

 

スポンサードサーチ

Unistyleのまとめ

 

Unistyleの特徴や評判、メリット・デメリットを解説しました。

Unistyleのメリット・デメリットを簡単にまとめると、このようになっています。

Unistyleのメリット

  • すべてが無料で利用できる
  • エントリーシート対策に役立つ
  • 選考締め切り情報を確認することができる
  • 就活記事の質が高い
  • 大手の就活サイトで安心して利用できる
  • 様々な就活イベントを開催している
  • エントリーシートが売れる

 

Unistyleのデメリット

  • 就活イベントが高学歴向け
  • 記事のレベルが少し高い
  • 中小企業のエントリーシートは少ない

 

Unistyleには、このようなメリット・デメリットがありました。

メリット・デメリットを知り、利用する価値があると思った方はぜひ活用してみてください。

2万枚以上のエントリーシートを参考にすることで、効率的に通過率を高めていきましょう。

 

Unistyleに今すぐ無料登録する

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です