使える就活サイトの一覧表|ES見放題や無料の適性診断▶︎

【2021卒向け】おすすめの就活サイトの一覧表!内定者が本音で解説

 

早稲田大学4年生のソチです。

私は大手メーカーに就職することが決まりました。

 

就活をしていると、様々な就活サイトが存在することがわかりました。

就活サイトといってもその実態は千差万別であり、就活に役立たない記事ばかりのサイトもあります。

そこで、本当におすすめできる就活サイトだけをまとめてみます。

 

【2021卒】おすすめの就活サイトの一覧表

 

それでは、さっそくおすすめの就活サイトの一覧表を紹介します。

ここで紹介する就活サイトはすべて無料のものであり、就活を効率的に進めるために役立ちます。

 

Unistyle

 

サイト名:Unistyle

公式サイト:https://unistyleinc.com/

おすすめ度:

 

Unistyleは、内定者のエントリー2万枚以上が、無料で見放題の就活サイトです。

エントリーシートを書くときには、unistyleは必須です。

内定者のエントリーシートを見られるだけでなく、就活記事の質もとても高いです。

私が就活生のときに、一番お世話になった就活サイトです。

 

登録はこちら(公式サイト)

 

ONE CAREER

 

サイト名:ONE CAREER

公式サイト:https://www.onecareer.jp/

おすすめ度:

 

ONE CAREERは、質の高い就活記事と選考情報が見れる就活サイトです。

企業ごとに選考情報に関する体験談が書かれているため、面接の前日によくチェックしていました。

就活記事は、トップ企業からの内定を目指す就活生をターゲットに、書かれたものが多いです。

 

登録はこちら(公式サイト)

 

マイナビ

 

サイト名:マイナビ

公式サイト:https://job.mynavi.jp/

おすすめ度:

 

マイナビは、就活生で知らない人はいないでしょうが、一応紹介します。

マイナビでは、エントリー企業を見つけたり、説明会の予約をしたりすることができます。

エントリーする企業が決まっている場合には、マイナビを利用せず、企業のホームページから直接応募しても良いでしょう。

 

登録はこちら(公式サイト)

 

リクナビ

 

サイト名:リクナビ

公式サイト:https://job.rikunabi.com/

おすすめ度:

 

リクナビは、マイナビと同じく、就活生で知らない人はいないであろう就活サイトです。

マイナビ、リクナビの一方だけに掲載されている企業が多いので、両方に登録することをおすすめします。

個人的には、マイナビよりもリクナビの方が使いやすかったです。

 

登録はこちら(公式サイト)

 

外資就活ドットコム

 

サイト名:外資就活ドットコム

公式サイト:https://gaishishukatsu.com/

おすすめ度:

 

外資就活ドットコムは、トップ企業を目指す就活生向けの就活サイトです。

外資などのトップ企業の、選考体験記やエントリーシートを見ることができます。

就活記事の質も高いので、トップ企業を目指す就活生は登録をおすすめします。

 

登録はこちら(公式サイト)

 

ニクリーチ

 

サイト名:ニクリーチ

公式サイト:https://29reach.com/

おすすめ度:

 

ニクリーチは、焼肉を食べながら社会人の話を聞くことができるスカウトサイトです。

ニクリーチに登録すると、プロフィールを見て、あなたに会いたいと思った企業からスカウトが届きます。

あなたも話を聞いてみたい企業であれば、マッチングが成立し、無料で焼肉を食べることができます。

人事に就活のアドバイスをもらいながら、美味しい焼肉でお腹を満たせる就活サイトです。

 

登録はこちら(公式サイト)

 

キミスカ

 

サイト名:キミスカ

公式サイト:https://kimisuka.com/

おすすめ度:

 

キミスカは、あなたに興味を持った企業からスカウトが届く就活サイトです。

プロフィールを記入しておけばスカウトが届く、いわゆる逆求人型のスカウトサイトです。

 

スカウトが届くこと以上に、キミスカを利用すべきメリットが他にあります。

それは、自己分析に役立つ精度の高い適性検査を受験できることです。

キミスカの適性検査を受験すると、このような診断結果を見ることができます。

 

こちらが、性格の傾向に関する分析結果です。

 

そして、思考力やストレス耐性に関する分析結果です。

 

診断結果から、客観的に自分の特徴を知ることができ、自己分析が深まります。

私が利用した就活サイトでは、キミスカが最も自己分析に役立ちました。

 

登録はこちら(公式サイト) 

 

OfferBox

 

サイト名:OfferBox

公式サイト:http://offerbox.jp/

おすすめ度:

 

OfferBoxは、キミスカと同じように企業からスカウトが届く、逆求人型のスカウトサイトです。

19卒の学生は、10万人以上がOfferBoxを利用していたようです。

早期内定を獲得するためには、逆求人型のスカウトサイトを活用しましょう。

 

登録はこちら(公式サイト)

 

ビズリーチ・キャンパス

 

サイト名:ビズリーチ・キャンパス

公式サイト:https://br-campus.jp/

おすすめ度:

 

ビズリーチ・キャンパスは、高学歴限定のOB訪問マッチングサイトです。

企業研究をするためには、実際の社員の声が聞けるOB訪問が役立ちます。

ビズリーチ・キャンパスでは、同じ大学出身の社会人を見つけることができ、OB訪問のアポイントを取ることができます。

高学歴限定のマッチングサイトで、MARCH・関関同立以上の学歴であれば基本的に利用可能です。

 

登録はこちら(公式サイト)

 

Matcher

 

サイト名:Matcher

公式サイト:https://matcher.jp/

おすすめ度:

 

Matcherは、ビズリーチ・キャンパスと同じように、OB訪問をする相手を見つけることができます。

ビズリーチ・キャンパスとは違い、同じ大学の先輩以外にもOB訪問をすることができます。

あとは好みの問題なので、ホームページを見て、気に入った方に登録してみましょう。

 

登録はこちら(公式サイト)

 

Vorkers

 

サイト名:Vorkers

公式サイト:https://www.vorkers.com/

おすすめ度:

 

Vorkersは、実際に働いている社員によるリアルな投稿が見られる口コミ情報サイトです。

私は企業にエントリーするときには、かならずVorkersをチェックしていました。

また、Vorkersには「企業分析」という項目があり、企業研究にも役立ちます。

実際に働く社員からの情報をVorkersで見てから、入社する会社を決定しましょう。

 

登録はこちら(公式サイト)

 

就活会議

 

サイト名:就活会議

公式サイト:https://syukatsu-kaigi.jp/

おすすめ度:

 

就活会議は、Vorkersと同じように社員の口コミを見ることができます。

個人的には、就活会議よりVorkersの方が見やすくて好きです。

ただ、しっかりと口コミを確認したい第一志望の企業などでは、就活会議もチェックしていました。

就活会議では、通過したエントリーシートも見ることができます。

 

登録はこちら(公式サイト)

 

キャリコネ

 

サイト名:キャリコネ

公式サイト:https://careerconnection.jp/

おすすめ度:

 

キャリコネでは、10万件以上の社員の口コミを見ることができます。

パッと見た感じでは、Vorkersや就活会議よりも口コミ数が多いように感じました。

口コミに加えて求人情報も見ることができるため、仕事内容を理解することにも役立ちます。

 

登録はこちら(公式サイト)

 

みん就

 

サイト名:みん就

公式サイト:https://www.nikki.ne.jp/

おすすめ度:

 

みん就は、就活生同士で選考情報が共有できる掲示板です。

面接では、不合格者よりも先に合格者にメールが届くため、すでに合格メールが届いている人がいるかを確認するために、掲示板を利用します。

ただ、みん就を見る時間があるなら、選考対策をしていた方が有意義です。

選考結果が気になって、みん就に時間をとられてしまうのであれば、登録しないことをおすすめします。

 

登録はこちら(公式サイト)

 

digmee

 

サイト名:digmee

公式サイト:https://digmee.jp/

おすすめ度:

 

digmeeは、早期選考を実施している企業の一覧をチェックできる就活サイトです。

早期内定を獲得することは、就活において非常に重要なことです。

しかし、早期選考を実施する企業を探すのは手間になるため、digmeeを利用すると効率的な就活ができます。

また、LINEで説明会の予約ができる機能もあり、移動中にも気軽に就活ができます。

 

登録はこちら(公式サイト)

 

スポンサードサーチ

【2021卒】おすすめの就活サイトのまとめ

 

ここまで、おすすめの就活サイトを紹介してきました。

改めて、この記事で紹介した就活サイトをまとめてみます。

 

利用する価値がありそうだと思った就活サイトは、ぜひ利用してみてください。

また、こちらの記事では紹介されていない役立つ就活サイトがあれば、教えてくれると嬉しいです。

それでは、就活サイトを利用しながら、効率的に就活を進めましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です