使える就活サイトの一覧表|ES見放題や無料の適性診断▶︎

【体験記】西武鉄道のインターン選考の倍率や面接内容を紹介

 

早稲田生のソチです。

この記事では、大手鉄道会社である西武鉄道の面接内容、グループディスカッションのテーマを解説します。

ここで紹介するインターンシップの選考内容は、事務系対象インターンシップの選考で実施されたものです。

 

西武鉄道のインターンシップ選考

 

それでは、さっそく西武鉄道の事務系対象インターンシップの選考内容を紹介します。

こちらで紹介するのは、5daysインターンシップに参加するための選考です。

 

西武鉄道のインターンシップの選考フロー

 

西武鉄道のインターンシップに参加するための選考フローは、このようになっています。

 

  • STEP.1
    エントリーシート
    郵送でエントリーシートを提出します
  • STEP.2
    個人面接
    30代の面接官との面接です
  • STEP.3
    グループディスカッション
    面接と同じ日に、グループディスカッションがあります

 

面接とグループディスカッションが同じ日に実施されます。

インターンシップ選考でありながら、面接とグループディスカッションがあるのは、めずらしいです。

 

西武鉄道のエントリーシート

 

エントリーシートの質問は2つ出題され、難しい内容ではありませんでした。

エントリーシートの質問内容は、こちらです。

  • インターシップに参加したいと思った理由
  • ゴールに向かって自ら進んでなすべきことを考え出して、人一倍取り組んだことについて教えてください

 

MEMO
エントリーシートは手書き、郵送で提出します

 

インターンシップに参加したい理由は、多くの企業で出題される内容です。

インターンシップに参加したい理由の書き方は、インターンシップの志望動機の書き方で解説しています。

 

西武鉄道のエントリーシートを通過するためには、実際に通過したエントリーシートを見ることが、手っ取り早いです。

西武鉄道に合格した先輩のエントリーシートは、Unistyleに掲載されています。

ソチ

先輩のエントリーシートを参考にして、西武鉄道から内定を獲得しましょう

 

西武鉄道の通過エントリーシートを見る

 

MEMO
エントリーシートの通過連絡は、2週間後ぐらいにメールで届きます

 

西武鉄道の個人面接

 

エントリーシートを通過すると、選考会に参加することになります。

選考会では、グループディスカッションと個人面接が実施されますが、最初に個人面接がありました。

そのため、まずは個人面接の内容を紹介していきます。

 

面接は、30分ぐらいの時間で、30歳ぐらいの男性との個人面接でした。

面接官は、仕事ができそうな体育会系の方で、和やかな雰囲気でした。

雰囲気は和やかですが、鋭い質問や深掘りが多くあるため、頭の回転をかなり見られています。

 

個人面接の質問内容は、このようなものでした。

  • インターンシップの志望動機
  • 西武鉄道に興味を持った理由
  • 他社でインターンシップに参加・応募した企業
  • インターンシップを選ぶときの基準
  • 強みと弱み
  • 学生時代に頑張ったこと
  • 西武鉄道の魅力
  • ゼミの内容
  • 逆質問

 

インターンシップの面接ですが、西武鉄道に対する熱意、企業研究の深さが試される質問が多かったです。

西武鉄道の魅力などを聞かれたため、インターンシップとはいえ、それなりの準備をしてから受験する必要があります。

その他は、基本的な質問であるため、面接練習を繰り返すことで対策ができます。

 

逆質問の時間もあるため、西武鉄道の社員の方に聞いてみたいことをまとめておきましょう。

私が就活で利用していた逆質問は、おすすめの逆質問でまとめています。

参考になる逆質問があれば、ぜひ利用してみてください。

 

西武鉄道のグループディスカッション

 

個人面接を受けたあとには、グループディスカッション選考を受験します。

グループディスカッション選考は、就活生4人と面接官2人で行われました。

面接官は、年齢的には課長クラスの方でした。2人ともずっとイスに座り、グループディスカッションの様子を眺めています。

 

MEMO
iPadが就活生の方を向き、立てかけられていたため、動画で撮られているような感じがありました。

 

グループディスカッションは、発表時間を含めて40分でした。

グループディスカッションのテーマは、「あなたは宇宙旅行を主催する企業の社員です。応募者リスト10人の中から5人を選び、その理由を発表せよ」です。

応募者リスト10人のスペックが書かれた紙が、グループディスカッションが始まる前に配られます。

 

グループディスカッションのテーマは、少しめずらしい内容です。

応募者リストには、歌手・医者・学者・大学生・プロ野球選手などが書かれていました。

宇宙旅行の目的や必要な能力を整理し、論理的に人選をしていく必要があります。

 

スポンサードサーチ

西武鉄道のインターンシップ選考の合否連絡や倍率

 

合格した人は、1週間ぐらいで電話がきます。不合格の場合は、サイレントだったようです。

グループディスカッション選考に合格した人は、西武鉄道の5daysインターンシップに参加することができます。

インターンシップに参加すると西武鉄道の企業研究が深まるだけでなく、人事の方に顔を覚えてもらえるため、志望度が高い人にはおすすめです。

 

受験者数と合格者数から倍率を推測すると、だいたい4倍程度だと思います。

グループディスカッションのグループ4人のうち、1人だけが合格できるような倍率となっています。

選考会は、早慶・国立の学生がほとんどで、エントリーシートで人数をかなりしぼっていると感じました。

そのため、エントリーシートも含めた倍率は、10倍を超えるのではないでしょうか。

 

西武鉄道のインターンシップ選考に合格するコツ

 

西武鉄道のインターンシップ選考に合格するためには、2つのコツがあります。

それは、こちらの2つのコツです。

  • グループディスカッションで価値を発揮する
  • 西武鉄道の企業研究を深める

 

グループディスカッションで価値を発揮する

 

西武鉄道のインターンシップに参加するためには、グループディスカッションに通過しなくてはなりません。

グループディスカッション選考は通過率が低く、多くの就活生が苦手としています。

西武鉄道のグループディスカッションは、めずらしいテーマであり、難しい内容です。

 

そのような西武鉄道のグループディスカッションを通過するためには、グループ内で価値を発揮する必要があります。

グループディスカッションでの価値の発揮方法は、グループディスカッションの合格のコツで紹介しました。

こちらの記事を参考に、グループ内で価値を発揮できるように心がけましょう。

 

西武鉄道の企業研究を深める

 

西武鉄道の面接では、インターンシップ選考でありながら、企業研究の深さが見られます。

そのため、インターンシップ選考と甘く見ず、企業研究を深めてから面接を受けることが大切です。

企業研究を深めるため、西武鉄道の採用ホームページや中期経営計画を読み込みましょう。

 

企業研究を深めるためには、西武鉄道の社員にOB訪問をして話を聞くことが役立ちます。

ビズリーチ・キャンパスでは、OB訪問を受け付けている西武鉄道の社員を見つけることができます。

実際にOB訪問をしてみることで、仕事内容や雰囲気を理解しましょう。

 

ビズリーチ・キャンパスで西武鉄道の社員を探す

 

スポンサードサーチ

西武鉄道のインターンシップ選考まとめ

 

西武鉄道のインターンシップ選考では、グループディスカッションと個人面接が実施されました。

グループディスカッション選考があるため、基本的な立ち回り方は知っておきましょう。

個人面接では、企業研究の深さや回答の論理性が重視されるため、対策をしてから受けましょう。

 

西武鉄道は就活生から人気の企業であるため、エントリーシート通過率が低いです。

その西武鉄道に合格した先輩のエントリーシートは、Unistyleに掲載されています。

ソチ

先輩のエントリーシートを参考にして、西武鉄道の本選考も突破しましょう

 

西武鉄道の通過エントリーシートを見る

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です