使える就活サイトの一覧表|ES見放題や無料の適性診断▶︎

【面接対策】就活で実際に聞かれた頻出質問50個まとめ

 

早稲田生であり、大手メーカー内定者のソチです。

面接対策でどのようなことをすれば良いかわからない人は多いと思います。

 

私が効果的だったと思う面接対策は、面接で聞かれる頻出質問を知り、答えられるように何度も練習をすることです。

面接における頻出質問に対して自分なりの答えを持っておくことで、余裕を持って面接を受けることができます。

そこで、私が実際に面接で聞かれることが多かった頻出質問を50個まとめてみました。

 

就活で実際に聞かれた頻出質問50個の一覧

 

それでは、さっそく就活で実際に聞かれた頻出質問50個を紹介していきます。

私は就活で数十社の選考を受けましたが、聞かれた質問はだいたい紹介する頻出質問のどれかでした。

頻出質問に対する自分なりの答えを準備しておけば、ある程度の面接対策はできたことになります。

頻出質問に対して、自分だったらどのように回答するかを考えてみましょう。

 

MEMO
私はメーカーを中心に就活をしていました。エントリーする業界によって、頻出質問の内容は異なる可能性があるため注意してください。

 

  1. 自己紹介をしてください
  2. 面接は何回目ですか
  3. 志望動機を教えてください
  4. 学生時代に頑張ったことは何ですか
  5. 学生時代に頑張ったことのなかで、最も苦労したことは何ですか
  6. その経験から学んだことは何ですか(様々なエピソードで聞かれる)
  7. 自己PRをしてください
  8. 他の人に負けない自信があることを教えてください
  9. 最近嬉しかったこと(感動したこと、悔しかったこと)は何ですか
  10. ゼミの内容を教えてください
  11. サークルの内容を教えてください
  12. アルバイトの内容を教えてください
  13. そのゼミ(サークル、アルバイト)に入った理由は何ですか
  14. あなたの長所(強み)は何ですか
  15. あなたの短所(弱み)は何ですか
  16. 短所を改善するために取り組んでいることはありますか
  17. 周りからどのような人だと言われますか
  18. 幼少期はどのような子供でしたか
  19. 中学時代はどのような生徒でしたか
  20. 高校時代に頑張ったことを教えてください
  21. 大学、学部を選んだ理由は何ですか
  22. 大学で興味深かった講義は何ですか
  23. 学生時代に注力した割合を教えてください(例:サークル30、アルバイト40、勉強30)
  24. リーダーシップを発揮した経験はありますか
  25. チームではどのような役割を担うことが多いですか
  26. 最近気になったニュースを教えてください
  27. 趣味や特技はありますか
  28. 休みの日は何をすることが多いですか
  29. 挫折経験を教えてください
  30. 嫌いなタイプの人を教えてください(嫌いなタイプの人にどのように接しますか)
  31. 将来的に海外で働きたいですか
  32. キャリアプランを教えてください
  33. 学生と社会人の違いは何ですか
  34. 影響を受けた人、尊敬している人は誰ですか
  35. TOEICの点数はどのくらいですか
  36. 弊社の志望度を教えてください
  37. 弊社をどこで知りましたか
  38. 企業選びで大切にしていることを教えてください(企業選びの軸)
  39. この業界に興味を持った理由は何ですか
  40. 他社の選考状況を教えてください
  41. 内定を出したら入社しますか
  42. 複数社から内定をもらったらどのように入社企業を決めますか
  43. 入社後にはどのような仕事をしたいですか
  44. 希望の部署はどこですか
  45. ◯◯職(営業、経理etc)を志望する理由を教えてください
  46. 希望しない部署、職種で配属されたらどうしますか
  47. 弊社の課題と解決策はなんだと思いますか
  48. 希望の勤務地はありますか(全国転勤は大丈夫ですか)
  49. 何か聞いておきたいことはありますか(逆質問)
  50. 何か言い残したことはありますか

 

以上が就活で実際に聞かれた頻出質問50個です。

私はこの頻出質問50個を見ながら、以下のように面接練習をしていました。

  1. 録音をしながらそれぞれの質問に1分で答える
  2. 録音を聞いて修正点を見つける
  3. うまく答えられるようになるまで繰り返す
  4. 1分で答えられたら、30秒・1分30秒と時間を変える

 

この練習をすると、論理的に話すことが想像以上に難しいことを実感すると思います。

何度も声に出して繰り返すことで、徐々にうまく話すことができるようになっていきます。

録音をしてそれを聞くことで、話すスピードや口ぐせを改善していきましょう。

 

面接を通過するコツや効果的な練習方法については別の記事で解説をしています。

興味がある方は、こちらを確認してみてください。

 

スポンサードサーチ

就活で実際に聞かれた頻出質問トップ5

 

就活で実際に聞かれた頻出質問のなかで、聞かれることが特に多かった質問を紹介します。

頻出質問上位5つには、必ず答えられるように準備しておきましょう。

 

学生時代に頑張ったことは何ですか

 

頻出質問1位は、「学生時代に頑張ったことは何ですか」です。

学生時代に頑張ったこと(通称ガクチカ)は、ほとんど全ての面接で聞かれます。

 

学生時代に頑張ったこととして話すエピソードは、面接官から深掘りされます。

どれだけ深掘りをされても話せるように、頑張ったことの内容を整理しておきましょう。

具体的には、以下の項目に答えられるようになると良いでしょう。

  • それを始めたきっかけ
  • どのような役割を務めたか
  • どれくらいの期間・人数で取り組んだか
  • 頑張るモチベーションになったもの
  • その取り組みで大変だったこと
  • その取り組みで工夫したこと
  • どのような成果が出たか
  • 経験から学んだこと
  • その経験をどのように活かしていくか

 

面接によっては、学生時代に頑張ったことのエピソードを複数聞かれることがあります。

そのため、2つ以上のエピソードを準備できていると良いでしょう。

状況に応じてエピソードを使い分けられるよう、自身の様々な経験を整理することをおすすめします。

 

志望動機を教えてください

 

頻出質問2位は、「志望動機を教えてください」です。

志望動機もほとんどの企業の面接で聞かれることになります。

志望動機を話すときには、業界・企業を選んだ理由を論理的に説明できると良いでしょう。

自分の経験を絡めながら志望動機を話すことで、面接官を納得させましょう。

 

志望動機を述べると、面接官から「他の業界や企業でも実現できるのではないですか」と聞かれることがあります。

そのような状況を想定して、エントリーする企業に入社したい理由を明確にしておきましょう。

 

何か質問はありますか(逆質問)

 

頻出質問3位は、「何か質問はありますか(逆質問)」です。

逆質問は私が経験した面接の約8割で聞かれました。

 

逆質問は聞きたいことを聞けば良いのですが、調べればすぐにわかるような質問は避けましょう。

逆質問によっては企業研究の深さや志望度の高さをアピールできる可能性もあるため、事前に準備をしてから面接を受けましょう。

私が面接で聞いていた逆質問は、おすすめの逆質問10選でまとめています。

 

あなたの強みは何ですか

 

頻出質問4位は、「あなたの強みは何ですか」です。

「あなたの強みは何ですか」や「自己PRをしてください」などの質問もよく聞かれました。

自己分析や他己分析を通じて自身の強みを見つけ、エピソードを交えて話せるようにしましょう。

 

あなたの強みを聞かれたときに、答え方として気をつけるべきことがあります。

それは「私の強みは、◯◯力です」という答え方をしないことです。

私が就活で出会った就活生の半数ぐらいが、「私の強みは、◯◯力です」という答え方をしていました。

 

例えば「私の強みは、計画力です」という答え方はおすすめしません。

なぜなら「計画力」と言われても抽象的すぎて、具体的にどのような時に活かせる能力かが分からないためです。

計画力をアピールするのであれば、「私の強みは目標から逆算をして計画を立ててから物事を始めることです。具体的には・・・」というような答え方をおすすめします。

 

他社の選考状況を教えてください

 

頻出質問5位は、「他社の選考状況を教えてください」です。

面接の回数を重ねるごとに聞かれることが多くなるのが「他社の選考状況」です。

1次面接では聞かれないこともありますが、最終面接ではほぼ必ず聞かれました。

 

私は他社の選考状況を聞かれた時には、「他社はこんな感じですが、やっぱり御社が一番です」ということが伝わるように答えていました。

選考状況は正直に伝えて良いでしょうし、内定を持っているのであればそれも伝えた方が良いと思います。

内定を持っていることが、他社からも評価をされる能力を持っていることの証明になるからです。

 

就活で実際に聞かれた頻出質問のまとめ

 

この記事では、面接で実際に聞かれた頻出質問についてまとめました。

私が実際に面接で聞かれることが多かった頻出質問トップ5がこちらです。

  1. 学生時代に頑張ったことは何ですか
  2. 志望動機を教えてください
  3. 何か質問はありますか(逆質問)
  4. あなたの強みは何ですか(自己PRをしてください)
  5. 他社の選考状況を教えてください

 

以上の5つの質問には、最低限答えられるように準備をしておきましょう。

面接に苦手意識を持っている人は、キャリアセンターや社会人に模擬面接をしてもらうことをおすすめします。

 

面接の練習は1人ですることができます。

  1. 録音をしながらそれぞれの質問に1分で答える
  2. 録音を聞いて修正点を見つける
  3. うまく答えられるようになるまで繰り返す
  4. 1分で答えられたら、30秒・1分半と時間を変える

この練習を繰り返して、質問に対して論理的に答えられるようにしましょう。

 

具体的な面接のコツについては、こちらで解説しています。

それでは、納得のいく就活ができるように頑張りましょう。

 

私のブログでは、このような記事が人気です。

隠れ優良企業

【就活生必見】BtoBメーカーの隠れ優良企業40社をまとめてみた

就活体験記

就活体験記の一覧表【大学・卒業年度・内定先で分類】

就活サイト比較

【本音でレビュー】おすすめの就活サイトの一覧表!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です