使える就活サイトの一覧表|ES見放題や無料の適性診断▶︎

就活解禁前までにやるべき準備・対策のチェックリスト

 

早稲田生であり、大手メーカー内定者のソチです。

実際に就活をしてわかりましたが、就活解禁前までにやるべき準備や対策はたくさんあります。

解禁前までに準備や対策を頑張ったかどうかで、就活がうまくいくかが左右されます。

 

そこで、就活を成功させるためには、具体的にどのような準備・対策をするべきかを解説します。

3月の就活までにやるべきことを厳選して、わかりやすくまとめてみました。

 

就活解禁前までにやるべき準備・対策のチェックリスト

 

それではさっそく、就活解禁までにやるべき準備や対策のチェックリストを紹介します。

やるべき準備や対策のチェックリストとして、10項目を選びました。

 

チェックリストの10項目は、早くやるべきことから順に紹介していきます。

チェックリストの最後の方が難易度が高くなっているので、最初の方から対策を進めましょう。

 

1.自己分析をする

 

就活でやるべき準備・対策の1つ目は、自己分析です。

就活を終えた先輩などから、「自己分析は大切だよ」と聞いた方も多いのではないでしょうか。

実際に自己分析はとても重要であり、早めに取り組む必要があります。

 

就活は、「自分という商品を企業に売り込む営業活動」であると言われることがあります。

商品を売り込むためには、その商品について誰よりもくわしく知っていなければいけません。

その自分という商品を理解しようとする行為が、自己分析なのです。

 

自己分析のおすすめのやり方は、以下の記事でわかりやすく解説しています。

就活生におすすめの簡単な自己分析のやり方!自分の強みを知ろう

就活生の方には、とても参考になると思いますので、ぜひ見てください。

 

自己分析のやり方を見てみる

 

2.インターンシップに応募

 

インターンシップに参加することは、就活にとても役立ちます。

業界理解や企業理解が深まりますし、企業によっては早期選考の案内をもらうことができます。

興味のある業界・企業のインターンシップには、積極的に参加してみましょう。

 

インターンシップは長期間のものほど、本選考での優遇がもらえる可能性が高いです。

本選考での優遇が目的なのであれば、長期間のものに応募しましょう。

 

しかし、1dayインターンシップであっても、本選考での優遇がもらえることがあります。

私は9社の1dayインターンシップに参加しましたが、そのうち5社の本選考で優遇が受けられました。

もちろん選考免除などの大きな優遇ではありませんが、参加して損はないでしょう。

 

3.筆記試験対策

 

3月に就活が本格化し、多くの就活生が準備不足と後悔するのが筆記試験対策です。

私の友人は第一志望の企業に筆記試験で落ち、面接さえ受けられないことを悔しがっていました。

筆記試験の対策をせずに舐めていると、本選考で落ちまくってしまいます。

 

できる限り早めに筆記試験対策を始め、万全な状態で本選考を受けましょう。

私は大学3年の8月〜12月に筆記試験対策を頑張ったことで、筆記試験で落ちることはほとんどありませんでした。

筆記試験対策は、やればやるほど結果がついてくるので、後悔しなくて済むように取り組みましょう。

 

とはいっても、筆記試験対策には、どのような参考書が良いかわからないと思います。

就活の筆記試験対策でおすすめの参考書は、「超実践問題集」です。

超実践問題集を3周解けば、筆記試験対策はかなり深まります。

 

 

筆記試験で落ちてしまうと、エントリーシート対策や面接対策が無駄になってしまいます。

まだ筆記試験対策に取り組んでいない方は、早めに取り組みましょう。

 

4.エントリーシート対策

 

筆記試験対策と同じように、エントリーシート対策も重要です。

有名大学の学生であっても、エントリーシートで落ちてしまうことが普通にあります。

エントリーシートで落とされないように、対策を進めていく必要があります。

 

エントリーシートの通過率は、業界や企業によって様々です。

就活生から人気の大手食品メーカーや総合商社は、エントリーシート通過率がとても低いです。

このような企業を目指す就活生は、エントリーシート対策を頑張りましょう。

 

エントリーシートの通過率を高めるためには、こちらの3つの方法があります。

  1. エントリーシートをひたすら書き、受かるエントリーシートに仕上げていく
  2. Unistyleで内定者のエントリーシートの特徴や構成を学ぶ
  3. キャリアセンターやOB訪問で、エントリーシートの添削をしてもらう

 

エントリーシートの通過率を高める3つの方法については、こちらでくわしく紹介しています。

エントリーシート対策を深め、エントリーシートで落とされないように頑張りましょう。

 

特に2つ目、内定者のエントリーシートが読み放題のUnistyleを参考にする方法は役立ちます。

内定者の質の高いエントリーシートを見ることで、文章の構成や内容を学ぶことができます。

Unistyleで質の高いエントリーシートを参考にして、通過率を高めていきましょう。

 

内定者のエントリーシートを見る

 

5.業界研究をする

 

自己分析を深めて、インターンシップに参加したりすると、志望する業界をしぼれてくると思います。

3つぐらいの業界にしぼって就活をすると、ちょうどよく動けると思います。

志望する業界を決めることができたあとには、業界研究をしましょう。

 

業界研究を深めるためには、主に2つの方法があります。

  1. その業界のインターンシップに参加する
  2. 業界地図を見る

 

インターンシップでは、業界の概要が理解できるため、一石二鳥です。

興味のある業界のインターンシップは、勉強になるので参加することをおすすめします。

 

また、業界地図を見ることも就活に役立ちます。

業界地図を見ると、業界動向やどのような企業があるかを理解することができます。

業界地図を参考にして、志望業界の業界研究を進めていきましょう。

 

 

6.エントリー企業30社をリストアップ

 

3月1日より前に、エントリー企業30社をリストアップしましょう。

エントリー企業を事前に決めておくことで、効率的に就活をすることができます。

インターンシップや業界研究で興味を持った企業を、優先的にリストアップしましょう。

 

エントリー企業を決めるときには、様々なレベルの企業をリストアップしましょう。

エントリー企業のリストアップには、50社ESを出した私のエントリー企業の決め方が役立ちます。

私がエントリー企業を決めたときの実体験をまとめたので、参考になるはずです。

 

エントリー企業の決め方を見る

 

7.OB訪問をする

 

エントリー企業30社をリストアップできたら、OB訪問をしてみましょう。

OB訪問をすることで、実際の仕事内容や企業の雰囲気を理解することができます。

選考に役立つような情報がもらえることもあるため、第一志望の企業はOB訪問をしてみましょう。

 

いきなりOB訪問をするべきと言われても、どのように相手を見つければ良いかわからないでしょう。

OB訪問をする相手を見つけるには、ビズリーチ・キャンパスが役立ちます。

 

ビズリーチ・キャンパスは、同じ大学の先輩にOB訪問のアポイントが取れるサービスです。

私はこのサービスを利用したことで、志望企業の社会人が見つかり、OB訪問をすることができました。

ビズリーチ・キャンパスは無料で利用できるので、OB訪問の相手を見つけてみましょう。

 

ビズリーチ・キャンパスの公式HPを見る

 

8.企業研究をする

 

エントリー企業を決定したら、企業研究をしてみましょう。

企業研究を深めるためには、インターンシップやOB訪問が役立ちます。

志望する企業のインターンシップやOB訪問には、積極的に参加するようにしましょう。

 

その他にも、企業のホームページで見ることができる中期経営計画は、企業研究におすすめです。

中期経営計画には、企業の現状や課題、今後の方針などがまとめられています。

中期経営計画を参考にすることで、面接で的確な発言や逆質問をすることができます。

 

その他の企業研究の方法は、企業研究のやり方で見ることができます。

企業研究に役立つ知識が書いてありますので、興味がある方は参考にしてください。

 

企業研究のやり方を見る

 

9.面接対策

 

面接試験は、どの企業でも必ず1回は実施されます。

志望する企業から内定がもらえるように、面接対策は入念に行いましょう。

このブログには、面接に役立つような記事がたくさんあるため、自分に合ったものを見てください。

 

面接の頻出質問

面接で聞かれることの一覧表!50の頻出質問をまとめました

面接の突破方法&練習方法

【合格のコツ】就活の面接突破のポイントと効果的な練習方法

面接で使える弱み・短所

弱み・短所の一覧表!就活の面接で使える28個の例を紹介

 

面接では、逆質問の時間が取られることが一般的です。

逆質問は、企業にあなたをアピールできる最後のチャンスタイムです。

逆質問で面接官からの評価が高められるように、あなたの入社意欲が伝わるような逆質問を考えましょう。

 

私が利用していた逆質問は、面接で役立つおすすめの逆質問10選で紹介しています。

逆質問のコツについても解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

おすすめの逆質問を見てみる

 

10.早期内定をゲットする

 

これまで紹介した対策を入念に行い、さらに早期内定をゲットすることができれば、3月までの就活としては完璧です。

早期内定をゲットできると、その後の就活はかなり楽になります。

早期内定があると心の余裕が持てるとともに、エントリー企業数を減らした効率的な就活ができます。

 

早期選考を実施している企業を見つけることは、なかなか大変です。

たくさんの企業のホームページを確認して、早期選考を実施している企業を見つけなくてはなりません。

しかし、digmeeという就活サイトでは、早期選考を実施している企業の一覧を見ることができます。

 

早期内定をゲットしたい方は、どのような企業が早期選考を実施しているかを確認してみましょう。

 

早期選考を実施している企業を確認する

 

スポンサードサーチ

就活解禁前までにやるべき準備・対策のチェックリストまとめ

 

就活解禁前までにやるべき準備や対策を紹介しました。

こちらが、就活解禁前までにやるべき準備や対策のチェックリストです。

  1. 自己分析をする
  2. インターンシップに応募
  3. 筆記試験対策
  4. エントリーシート対策
  5. 業界研究をする
  6. エントリー企業30社をリストアップ
  7. OB訪問をする
  8. 企業研究をする
  9. 面接対策
  10. 早期内定をゲットする

 

これらすべてを解禁前までに終わらせることを目標として、対策を進めていきましょう。

特に、エントリーシート・筆記試験・面接の対策は、就活に必須なので早めに終わらせましょう。

 

こちらは、私のブログで人気の記事です。

隠れ優良企業

【就活生必見】BtoBメーカーの隠れ優良企業40社をまとめてみた

就活サイト比較

おすすめの就活サイトの一覧表

全国転勤なし

【新卒就活】全国転勤なしの大手企業50社以上を一覧で掲載しました

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です