使える就活サイトの一覧表|ES見放題や無料の適性診断▶︎

資格なし必見!就活は資格が何もない人でも内定量産できる

 

早稲田生であり、大手企業内定者のソチです。

就活に向けて、なにか資格を取っておきたいと考える方は多いと思います。

私も大学3年生のときは、就活に向けて資格を取っておきたいと思っていました。

 

そして、私はいくつかの資格を持って就活を迎えることになりました。

しかし、それらの資格が就活で有利になることはほとんどありませんでした。

この記事では、新卒就活で資格を持っていても意味がなく、何もない人でも内定獲得できることを解説します。

 

新卒就活では資格があっても有利にならない

 

新卒就活において、専門職でない限りは、資格はあって損はないぐらいの必要性です。

資格があると履歴書の資格欄を埋めることができますが、埋めたところで何のアピールにもなりません。

 

私はTOEIC700点と日商簿記3級という資格を持って、就活をしていました。

残念ながら、それらの資格が就活で有利になることはほとんどありませんでした。

有利にならないどころか、英語を使う仕事や経理職の面接では「その程度の資格なのに応募したの?」という顔をされました。

 

つまり、就活のために中途半端な資格を持っていても、なにも有利にはならないのです。

TOEIC700点と日商簿記3級は、取ろうと思えば誰でも取れるような資格ですので、価値がありません。

もし就活で資格をアピールしたいのであれば、難関の資格でないと意味がないと実感しました。

 

スポンサードサーチ

新卒就活で資格が有利にならない理由

 

新卒就活で資格が有利にならないことには、いくつかの理由が存在します。

資格が有利にならない主な理由は、以下の3つでしょう。

  • 資格があることと入社後に活躍できるかは関係がない
  • 資格を持っていることよりもなぜ持っているかが重要
  • 資格は入社後に取得すれば良い

 

資格があることと入社後に活躍できるかは関係がない

 

資格が有利にならない1つ目の理由は、資格があることと入社後に活躍できるかは関係がないためです。

資格を持つことは能力を持つことの証明にはなりますが、入社後に活躍できるかを判断することはできません。

資格を持っていたとしても、コミュニケーション能力や人柄が良くなければ、使えない人材だからです。

 

入社後には1人で仕事をすることはなく、様々な人と協力し合いながら仕事を進めます。

そのため、資格を持つこと以上に、基本的なコミュニケーション能力が重視されます。

これが、就活で資格を持っていても有利にならない1つ目の理由です。

 

資格を持っていることよりもなぜ持っているかが重要

 

資格が有利にならない2つ目の理由は、資格を持っていることよりもなぜ持っているかが重要なためです。

履歴書の資格欄に所有資格を書いているだけでは、就活で有利になることはありません。

面接官は、資格取得に至った理由などを知りたがっているため、ただ資格を書くだけでは意味がないのです。

 

その資格をなぜ取得しようと思い、取得までにどのような苦労があり、どのようなことを学んだかを説明できて、初めて資格は役立ちます。

逆にこれらのことをうまく伝えられれば、面接官からの評価は高まり、資格が有利になるでしょう。

 

資格は入社後に取得すれば良い

 

資格が有利にならない3つ目の理由は、資格は入社後に取得すれば良いためです。

よっぽど難しい資格でない限りは、内定者期間や入社後に資格を取得することは可能です。

そのため、就活生が現在資格を持っていなくても、入社後に資格を取得してくれれば良いと思っています。

資格なんていつでも取得可能ですから、能力や人柄の方を面接官は重視するのです。

 

入社後すぐに活躍してくれる人が必要なのであれば、企業は中途採用を実施します。

新卒採用においては、長期的な視点で企業に利益をもたらしてくれる人を採用したいと思っています。

そのため、現時点で資格がなかったとしても、入社後に勉強をして資格を取得してくれれば良いのです。

 

就活で資格を持っていることがマイナスになることがある

 

就活においては、資格を持っていることがマイナス評価になることがあります。

たとえば以下のような場合には、資格を持っていることがマイナス評価になります。

  • 資格を取得した理由を説明できない
  • 企業にをまったく関係のない資格である

 

資格を取得した理由を説明できない

 

資格を取得した理由を説明できない場合には、マイナス評価になります。

先ほども説明したように、企業はなぜその資格を取得したかという経緯を知りたがっています。

そこで、理由をうまく説明できないのであれば、目的意識がない中身の薄い人であると思われてしまいます。

 

企業にをまったく関係のない資格である

 

企業にまったく関係のない資格である場合には、マイナス評価になる可能性があります。

たとえば、民間企業の面接において教員免許を持っていることをアピールするような場合です。

 

教員免許を取得したことを履歴書に書くと、必ず以下のような質問をされます。

  • 教員免許を取得しようと思ったきっかけ
  • 教員免許を持っているのに弊社の面接を受けている理由
  • 教員にならない理由
  • 弊社は教員試験に落ちた時の滑り止めでしょ?

 

以上のような質問に明確に答えられないのであれば、教員免許を持っていることがマイナス評価になります。

履歴書に資格を記入する場合は、取得に至った背景や企業との関連性を説明できるようにしておきましょう。

 

スポンサードサーチ

新卒就活で資格が選考に有利になることもある

 

就活で資格を持っていることが選考に有利になる場合もあります。

たとえば外資系の企業であったり、経理職であったり、専門性が高い仕事の面接である場合です。

このような専門性の高い仕事では、英語力などの能力を示す資格の取得が有利となっています。

 

現在自分の興味がある企業や職種を調べてみて、資格が必要な仕事であった場合には勉強しましょう。

また、大手企業の選考ではTOEIC730点以下はエントリーできないなど、基準が設けられている場合があります。

そのような企業は少ないですが、TOEICは取得しておいて損はないと思います。

 

新卒就活でTOEICは何点必要であるか

 

それでは、就活でTOEICが何点必要なのかについて解説していきます。

私はTOEIC700点でしたが、この点数が評価されるかどうかは企業によって異なりました。

大手企業ではTOEIC700点が評価されることはありませんでしたが、中小企業では評価されることもありました。

 

もし大手企業でTOEICをアピールしたいのであれば、最低でもTOEIC800点は必要です。

大手企業の選考には留学経験者がたくさんいますから、TOEIC600~700が有利になることは絶対にありません。

英語力をアピールするにはTOEIC800点でも低いぐらいで、TOEIC900点ぐらいは所持しておきたいところです。

 

スポンサードサーチ

新卒就活で資格が何もない人が内定量産をする方法

 

就活を成功させるためには、資格を取得するよりもよっぽど大切なことがあります。

それは以下の2つのことを意識しながら、就活を進めていくことです。

  • 早い時期から就活を始める
  • 質の高い情報を収集する

 

これらを意識すれば、資格が何もない就活生でも内定を量産できます。

2つの項目について、詳しく解説していきます。

 

早い時期から就活を始める

 

就活で資格を取得するよりも重要なことは、早い時期から就活を始めることです。

就活でやることで紹介したように、就活でやるべき対策はたくさんあります。

それらの対策を万全にするためには、早い時期から就活を始めることが重要です。

 

早い時期から就活を始めることで、徐々にエントリーシートや面接の通過率を高めることができます。

早い時期の目安としては、大学3年生の夏ごろまでには就活を始められると良いでしょう。

 

質の高い情報を収集する

 

就活で資格を取得するよりも重要なことは、質の高い情報を収集することです。

就活は情報戦と言われることがあるように、いかに質の高い情報を集めるかが就活の成功につながります。

信頼できる情報収集源をいち早く見つけて、就活に役立つ知識を教えてもらいましょう。

 

自分で言うのもなんですが、私のブログは情報収集源として優れています。

隠れ優良企業全国転勤なしを見ていただければわかると思いますが、質の高い記事がたくさんあります。

ぜひこのブログを参考にしながら、就活をうまく進めていってください。

 

新卒就活では資格なしでも余裕で内定がもらえる

 

就活においては、資格が何もない人でも内定を獲得できることを紹介しました。

就活で資格が有利にならないことには、以下の3つの理由があります。

  • 資格があることと入社後に活躍できるかは関係がない
  • 資格を持っていることよりもなぜ持っているかが重要
  • 資格は入社後に取得すれば良い

 

資格をアピールしたいときには、取得に至った背景や企業との関連性を説明できるようにしておきましょう。

そして、就活で資格よりも重要なことは、こちらの2つです。

  • 早い時期から就活を始める
  • 質の高い情報を収集する

 

早い時期から就活を始めて、私のブログから質の高い情報を収集してください。

それでは、就活の成功を祈っています。

 

このような記事も読まれています。

チェックリスト

就活解禁前までにやるべき準備・対策のチェックリスト

就活のやり方

【就活のやり方】内定獲得のためにやることのすべてを詳しく解説

隠れ優良企業

【就活生必見】BtoBメーカーの隠れ優良企業40社をまとめてみた

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です