使える就活サイトの一覧表|ES見放題や無料の適性診断▶︎

【体験記】クラレのインターンシップ選考の倍率や面接内容を紹介

 

早稲田生のソチです。

この記事では、ミラバケッソで有名な化学メーカークラレのインターンシップ選考内容や面接詳細を紹介します。

ここで紹介するインターンシップの選考内容は、文系対象インターンシップの選考で実施されたものです。

 

クラレのインターンシップ選考

 

それでは、さっそくクラレの文系対象インターンシップの選考内容を紹介します。

場所は東京オフィスで開催されました。待合室で人事の方と話しをして待っていると、面接官が呼びに来てくれます。

 

MEMO
面接の会場は、大阪と東京の2つあります。同じ時間帯に3人の就活生がいました

 

クラレのインターンシップ選考では、個人面接が実施されました。

それでは、クラレの個人面接の内容を紹介します。

 

クラレの個人面接の内容

 

クラレの面接は、面接官1人と非常に近い距離感で話しをします。机に対して、横並びで座りました。

面接の時間は、約15分程度でした。短い時間でしたが、質問内容が多くありました。

 

クラレの面接の質問内容は、主にこちらの7つです。

  • 学生時代に頑張ったこと
  • 頑張ったことの詳細(参加人数や時期など)
  • その中で一番大きな壁
  • 壁を乗り越えるために工夫したこと
  • ゼミの勉強内容
  • 最近読んだ勉強に関する本
  • 逆質問

 

学生時代に頑張ったことに関しては、定番の深堀り質問がされました。

 

クラレでは、大学で勉強を真面目にしているか、を重視している傾向にあると思います。

「最近読んだ勉強に関する本」という質問は、クラレ以外の面接で聞かれたことがありません。

他の就活生に聞いても、クラレの面接では勉強内容などに関する質問を聞かれたようです。

 

クラレの個人面接の雰囲気

 

個人面接の雰囲気は、とても和やかです。

面接官の方と机に対して横並びで座ることからわかるように、こちらの良いところを引き出してくれようとしています。

私の面接官は40代後半の穏やかな方でしたが、よく話を聞いてくれました。

 

クラレの選考で関わる人事には、少し地味でガツガツしていないという印象を持ちました。

人事の方の印象なので、営業の方の印象は少し違いますが、企業全体を見ると穏やかな雰囲気であると感じました。

 

学生のレベルは、学歴でいうとMARCH・関関同立以上の学生がほとんどでした。

選考・インターンシップを通じて、MARCH未満の学歴の方はほとんど見かけませんでした。

エントリーシートは、しっかりと審査されているようで、私の早稲田の友人は落選していました。

 

スポンサードサーチ

クラレのインターンシップ選考の合否連絡や倍率

 

合格した人も、不合格であった人も、2週間以内に連絡が来ました。

合格した人は、クラレの3daysインターンシップに参加することができます。

クラレは1年を通じて様々なインターンシップを実施しているため、1度落ちても再び受験することができます。

 

受験者数と合格者数から倍率を推測すると、インターンシップ選考の倍率は4倍程度です。

MARCH・関関同立以上の学生がほとんどであったため、グループ面接に参加するためのエントリーシートではかなり人数が絞られていると思います。

そのため、エントリーシートも含めた倍率は10倍を超えると推測できます。

 

クラレのインターンシップ選考での合格のコツ

 

クラレのインターン選考に合格するためには2つのコツがあります。

それは、こちらの2つのコツです。

  • 質問に結論ファーストで端的に答える
  • 企業研究をしたうえで逆質問をする

 

質問に結論ファーストで端的に答える

 

クラレの面接では、短い時間で様々な質問を投げかけられます。

そのため、質問に対して結論ファーストで端的に答えることが求められます。

面接官からの質問の意図を汲み、適切に回答するように心がけましょう。

 

結論ファーストで端的に答えることは、クラレの面接に限った話ではなくどの企業の面接でも重要です。

話が長いことは、コミュニケーション能力に欠けると判断されます。

要点をまとめ、お互いに気持ち良いコミュニケーションを意識しましょう。

 

企業研究をしたうえで逆質問をする

 

クラレの面接では、2〜3つぐらいの逆質問ができる時間がありました。

企業研究を深めたうえで逆質問ができると、志望度が高いことを伝えることができます。

 

そこで、企業研究を深めるため、クラレの中期経営計画や採用ホームページなどを読み込んでおくと良いでしょう。

その内容を踏まえた逆質問をすることで、あなたのクラレに対する本気度が伝わると思います。

私が利用していた逆質問は、おすすめの逆質問で解説しています。

 

企業研究を深めるためには、クラレの社員にOB訪問をして話を聞くことが役立ちます。

ビズリーチ・キャンパスでは、OB訪問を受け付けているクラレの社員を見つけることができます。

実際にOB訪問をしてみることで、仕事内容や雰囲気を理解しましょう。

 

ビズリーチ・キャンパスでクラレの社員を探す

 

スポンサードサーチ

クラレのインターンシップ選考まとめ

 

クラレのインターン選考では、15分間の個人面接が実施されました。

短い時間で様々な質問が聞かれるため、結論ファーストで端的に答えることが求められます。

面接の最後には逆質問をする時間があるため、しっかりと準備してから面接に挑みましょう。

 

クラレは化学メーカーの大手企業であるため、エントリーシート通過率が低いです。。

クラレに合格した先輩のエントリーシートは、Unistyleに掲載されています。

ソチ

先輩のエントリーシートを参考にして、クラレの本選考も突破しましょう

 

クラレの通過エントリーシートを見る

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です