使える就活サイトの一覧表|ES見放題や無料の適性診断▶︎

内定者懇親会の内容とは?自己紹介やグループワークのコツを解説

 

企業から内定をもらったあとには、内定者懇親会に参加することになります。

この記事を書いているソチも、いくつかの企業の内定者懇親会に参加しました。

 

内定者懇親会は、初めて同期と出会う場であるため、緊張してしまいます。

内容を知って緊張をほぐしてもらうため、私が実際に参加した内定者懇親会の内容を紹介したいと思います。

また、自己紹介やグループワークで、良い印象を残すためのコツについても解説します。

 

内定者懇親会の内容

 

それでは、さっそく内定者懇親会の内容を紹介します。

こちらは、私が実際に参加した内定者懇親会の内容です。

 

  • STEP.1
    交流会開始
    入社までの流れについて人事から説明を受けました。
  • STEP.2
    自己紹介
    参加社員と内定者が一人ずつ自己紹介をしました。
  • STEP.3
    仕事紹介
    先輩社員によるパワーポイントを用いた仕事紹介が行われました。
  • STEP.4
    グループワーク
    仕事内容を体験するグループワークを体験しました。
  • STEP.5
    昼食
    参加者全員で立食パーティーをしました。
  • STEP.6
    交流会終了
    人事による締めの挨拶があり、解散となりました。

 

MEMO
全体で4時間ぐらいの内容でした。

 

このような内容で、内定者懇親会は実施されました。

友人と内定者懇親会の話をすると、グループワークを実施することは珍しいようです。

 

スポンサードサーチ

内定者懇談会における自己紹介やグループワークのコツ

 

内定者懇親会で出会うのは、これから一緒に働いていく同期です。

切磋琢磨していく同期や上司となる社員に対して、良い印象を持ってもらうことは大切です。

ここでは、必ず実施される自己紹介のコツやグループワークでの立ち回り方を紹介します。

 

内定者懇談会における自己紹介のコツ

 

自己紹介では、当たり前ですが笑顔でハキハキと話しましょう。

対人関係においては、第一印象が大きな影響を与えます。

大きな声でハキハキと話し、「仕事ができそう」「人柄が良さそう」と思ってもらえるような自己紹介をしましょう。

 

自己紹介の内容は、ありきたりなものではなく、あなたらしさが伝えられると良いと思います。

某テーマパークでの内定者懇親会では、内定者それぞれが特技(歌やダンスなど)を披露し合ったそうです。

そのように、自分の特徴をわかりやすく伝えられる自己紹介ができると、印象に残るでしょう。

 

内定者懇談会におけるグループワークのコツ

 

入社する会社のグループワークであるため、真面目に取り組むことは当然です。

しかし、採用選考でのグループワークと違うことが、1つあります。

それは、グループのメンバーは、これから一緒に働く同期ということです。

 

グループワークでは、これから切磋琢磨し合う同期とのディスカッションの場です。

選考のように人事にアピールすることが重要なのではなく、同期から信頼されるような行動をとることが重要となります。

場の雰囲気を大切にし、周囲に気を遣いながらグループワークに取り組めると、信頼を獲得できるでしょう。

 

内定者懇談会の内容まとめ

 

内定者懇親会の内容、自己紹介やグループワークのコツを紹介してきました。

あらためて、こちらが私が参加した内定者懇親会の内容です。

 

  • STEP.1
    交流会開始
    入社までの流れについて人事から説明を受けました。
  • STEP.2
    自己紹介
    参加社員と内定者が一人ずつ自己紹介をしました。
  • STEP.3
    仕事紹介
    先輩社員によるパワーポイントを用いた仕事紹介が行われました。
  • STEP.4
    グループワーク
    仕事内容を体験するグループワークを体験しました。
  • STEP.5
    昼食
    参加者全員で立食パーティーをしました。
  • STEP.6
    交流会終了
    人事による締めの挨拶があり、解散となりました。

 

内定者懇親会は、同期との初顔合わせの場です。

悪目立ちすることがないようにマナーを守り、楽しい内定者懇親会にしましょう。

 

就活ブログで副業構築

【アフィリエイト】就活ブログの始め方から稼ぎ方までをすべて解説

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です