使える就活サイトの一覧表|ES見放題や無料の適性診断▶︎

業界が絞れない人必見!就活における業界の絞り方を早稲田生が解説

 

早稲田生であり、大手メーカー内定者のソチです。

私が就活で迷ったことの1つに、業界選択があります。

インターンシップなどで様々な業界を知りましたが、どの業界も魅力的で業界選択に迷いました。

 

業界選択は、就活での大きな選択の1つであるため、じっくりと冷静に決定しましょう。

この記事では、就活における業界の絞り方について、わかりやすく解説していきます。

 

就活における業界の絞り方の流れ

 

まずはじめに、就活で業界を絞る時の流れを解説します。

この流れを意識しながら、業界を絞ってみると良いでしょう。

 

  • STEP.1
    業界選択のポイントを理解する
    業界選択のポイントを知りましょう
  • STEP.2
    業界の選択肢を知る
    どのような業界があるのかを知りましょう
  • STEP.3
    業界を絞る
    様々な選択肢を知った上で、業界を絞りましょう

 

このように、就活で業界を絞るときには、以下の3つのステップがあります。

  1. 業界選択のポイントを理解する
  2. 業界の選択肢を知る
  3. 業界を絞る

 

以上の3つのステップについて、これからくわしく紹介していきます。

 

スポンサードサーチ

業界選択のポイントを理解する

 

まずはじめに、業界選択のポイントを紹介します。

業界選択をするときには、以下の3つのポイントを意識しましょう。

 

  • 複数の業界を選ぶ
  • 多くの選択肢を知る
  • 自分が求めるものを整理する

 

複数の業界を選ぶ

 

業界を選ぶときには、複数の業界を選びましょう。

複数の業界を選ぶことをおすすめする理由は、業界によって求める人材像が違うためです。

 

就活をすると分かりますが、同じくらいのレベルの企業であっても、通過しやすい業界とそうでない業界があります。

それは、業界によって就活生に求める能力が違い、面接官の評価項目が異なるからです。

適性がない業界を選んで、受験企業が全滅しないように、複数の業界を選びましょう。

 

業界を決定した後には、業界研究をしなくてはいけないため、たくさんの業界を選んでも大変です。

業界を絞るときの目安としては、3つくらいの業界を選ぶとちょうど良いでしょう。

3つくらいの業界を選ぶことで、受験企業が全滅するリスクを防ぎつつ、効率的に就活ができます。

 

多くの選択肢を知る

 

業界選択の2つ目のポイントは、多くの選択肢を知ることです。

私はメーカーを中心に就活をしていましたが、1つの後悔があります。

それは、メーカー以外の業界をあまり知らずに、就活を終えてしまったことです。

 

就活を終えてから、就活生のときに見ていなかった業界について知る機会があり、面白そうだと思いました。

たくさんの業界があるにもかかわらず、すべてを理解しないまま決めてしまってはもったいないです。

就活を終えてから後悔しないためにも、多くの選択肢を知ったうえで業界を決定しましょう。

 

自分が企業に求めるものを整理する

 

業界選択の3つ目のポイントは、自分が企業に求めるものを整理することです。

企業選びにおいて重視することは、人それぞれ違うはずです。

自己分析を通じて、自分が企業選びで重視することを理解することは、業界の決定に役立ちます。

 

たとえば、自己分析の結果、「ワークライフバランスが良い」と「泥臭くない仕事内容」を企業選びで重視するとします。

それならば、「ワークライフバランスが良い」と「泥臭くない仕事内容」という条件に当てはまる業界を選べば良いのです。

このように、業界選択をするときには、自己分析により自分の価値観を整理することが重要です。

自己分析のやり方は、簡単な自己分析のやり方で説明しています。

 

自己分析のやり方を知る

 

業界の選択肢を知る

 

ここまで、業界選択において知っておくべきポイントを紹介しました。

知っておくべきポイントの1つとして、多くの業界の選択肢を知ることが重要だといいました。

どのような業界が存在するのかを知らなくては、自分に合った業界を選ぶことはできません。

 

そこで、どのような業界が存在するのかを、まずは理解しましょう。

私がおすすめする業界を知るには、以下の3つの方法があります。

  • 業界地図を活用する
  • インターンシップに参加する
  • 先輩や社会人から情報を得る

 

業界地図を活用する

 

どのような業界が存在するのかを手っ取り早く知る方法は、業界地図を見ることです。

会社四季報の業界地図には、160以上の業界に関する特徴や将来性が記載されています。

様々な業界を知り、特徴や動向を理解するためには、業界地図が適しています。

 

 

業界地図を見ることで、業界に関する知識を深めましょう。

様々な業界を知ることができるため、就活後に後悔することはなくなるでしょう。

 

インターンシップに参加する

 

インターンシップでは、業界の動向や業界の仕事内容についても知ることができます。

そのため、インターンシップに参加すると、その企業が該当する業界への理解が深まります。

実際に社員の方の生の声が聞けるため、様々なインターンシップに参加すると良いでしょう。

 

私はインターンシップに参加してみて、とある業界への理解が深まり、興味を持った経験があります。

憧れがあった業界のインターンシップに参加して、想像していた仕事とは違い、興味がなくなったこともあります。

このように、インターンシップでは、実際に働く社員の方の声とともに業界について理解できます。

 

自分の選択肢を狭めずに、様々な業界のインターンシップに参加することをおすすめします。

わからないことは社員の方に質問して、業界の特徴や働き方について理解するようにしましょう。

 

先輩や社会人から情報を得る

 

さいごに、大学の先輩やOB訪問を利用して、様々な業界に関する情報収集をしましょう。

先輩や社会人から聞ける情報は、嘘偽りがないリアルであり、就活生にとって貴重なものです。

様々な業界の特徴や働き方を教えてもらい、業界選択に活かしてみましょう。

 

とはいっても、OB訪問を受け入れてくれる社会人を見つけることは大変です。

ビズリーチ・キャンパスでは、OB訪問をしてくれる社会人を無料で見つけることができます。

私は、ビズリーチ・キャンパス経由で社会人を見つけてOB訪問をしたことで、業界理解が深まりました。

 

ビズリーチ・キャンパスの公式HPを見る

 

スポンサードサーチ

就活における業界の絞り方

 

ここまで、業界の選択肢を知る方法を紹介してきました。

様々な業界の選択肢を知ったあとには、数ある業界の中から実際に業界を決定しなくてはなりません。

 

様々な業界から絞っていくためには、3つのステップがあります。

3つのステップを実践することで、自分に合った業界を選ぶことができます。

その3つのステップとはこちらです。

 

  1. 業界ごとの特徴を整理する
  2. 業界に求めるものを整理する
  3. 業界に求めるものを満たす業界を選ぶ

 

業界ごとの特徴を整理する

 

業界を絞るための1つ目のステップとして、興味のある業界の特徴や働き方を整理しましょう。

業界について様々な整理の仕方がありますが、業界地図やインターンシップの資料を参考にすると、まとめやすいです。

 

私が業界を整理するときには、このようなことを調べてまとめていました。

  • お客様は誰か、誰に商品を売るのか
  • 商品を作るためには誰と関わるのか
  • どのような能力が求められる業界なのか
  • 土日休みの業界であるか
  • 年功序列が強いのか、実力主義なのか
  • 平均年収はどの程度か
  • ワークライフバランスが取りやすい業界か
  • 業界全体の働き方の傾向はどうか

 

このような項目について、業界ごとの特徴をそれぞれまとめていました。

上記で挙げた項目は一部ですが、業界を整理するときの参考にしてみてください。

 

業界に求めるものを整理する

 

次に自己分析をすることで、自分が業界に求めるものを整理します。

業界ごとの特徴を整理したとしても、自分が業界に何を求めているかわからなければ、業界選びができません。

自分が業界に対して求めるものを、優先順位をつけて整理してみましょう。

 

企業選びをするときの軸は、人それぞれ違うはずです。

「年収」「ワークライフバランス」「福利厚生」「若手の裁量権」「仕事の内容」などから、自分が重視しているものを選びましょう。

そのときには、自分が企業選びにおいて絶対に欠かせないものを2つ選ぶと良いでしょう。

 

自分が業界に求めるものを満たす業界を選ぶ

 

業界ごとの特徴の整理と、自分が業界に求めるものの整理ができれば、業界は決められるでしょう。

自分の業界選びの軸に当てはまるような業界を、数ある選択肢のなかから選べば良いのです。

 

業界を選ぶときには、インターンシップやOB訪問で、実際に働く社員の方の意見を聞くことをおすすめします。

インターネットで、「あの業界は、◯◯だからおすすめ」と言われていても、実際はそうでないこともあります。

業界選択で後悔しないように、実際に足を使って自分の目で確かめましょう。

 

業界の絞り方のまとめ

 

この記事では、業界を選ぶときのポイントや実際の絞り方を説明してきました。

改めて、どのように業界を選べば良いのかをまとめてみます。

 

業界選びのポイントとして、以下の3つの項目を紹介しました。

  • 複数の業界を選ぶ
  • 多くの選択肢を知る
  • 自分が求めるものを整理する

 

以上の3つを意識しながら、以下の3つの方法で業界の選択肢を知りましょう。

  • 業界地図を活用する
  • インターンシップに参加する
  • 先輩や社会人から情報を得る

 

業界の選択肢を知ったあとには、このような3ステップで業界を絞りましょう。

  1. 業界ごとの特徴を整理する
  2. 業界に求めるものを整理する
  3. 業界に求めるものを満たす業界を選ぶ

 

以上が、就活生が業界を決定するときにおすすめする方法です。

実際にインターンシップやOB訪問で様々な情報を集め、そして業界を決定しましょう。

 

さいごに、こちらが私のブログで人気の記事です。

隠れ優良企業

【就活生必見】BtoBメーカーの隠れ優良企業40社をまとめてみた

全国転勤なし

【新卒就活】全国転勤なしの大手企業50社以上を一覧で掲載しました

就活サイト比較

【本音でレビュー】おすすめの就活サイトの一覧表

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です