使える就活サイトの一覧表|ES見放題や無料の適性診断▶︎

インターンシップに落ちた就活生でも大手企業に余裕で内定できる

 

早稲田生であり、大手メーカー内定者のソチです。

私は就活中にインターンシップ選考にたくさん落ちて、このままで大丈夫なのかと焦った経験があります。

しかし、その後に就活対策を頑張ったことで、複数の大手企業から内定をもらうことができました。

 

インターンシップに落ちて、私のように不安になっている方は多いと思います。

そこで、インターンシップに落ちてからの就活対策のやり方について解説します。

 

私はサマーインターンシップにすべて落ちた

 

私は大学3年生の6月に、就活をスタートしました。

そして、大手企業4社のサマーインターンシップに応募しました。

しかし、サマーインターンシップに応募した4社はすべて落ちてしまい、結局参加することができませんでした。

 

就活体験記で書いたように、私はサマーインターンシップで全滅してとても落ち込みました。

しかし、サマーインターンシップで挫折したことが焦りとなり、その後の就活対策を頑張ることができました。

インターンシップに落ちた方は、その挫折を就活を頑張る力にすることが大切です。

 

スポンサードサーチ

インターンシップを実施する企業の目的

 

ここで、インターンシップを実施する企業の目的を考えてみましょう。

インターンシップを実施する企業の目的を考えることで、どのような就活生が合格するかを推測できます。

 

インターンシップを実施する企業の目的は、「優秀な学生を囲い込むこと」です。

優秀な学生は、大学3年生の早い時期から就活を始めることが多いです。

インターンシップを開催することで、早い時期から優秀な学生と接点を持ち、優秀な学生に入社してもらうことが目的です。

 

インターンシップを実施する企業は、費用をかけてインターンシップを開催しています。

そのため、「本選考とは関係ない」と言いつつも、本選考と関係がないインターンシップはほとんど存在しません。

インターンシップ参加者に面接免除などの優遇がなくとも、採用したい学生のリストなどを作成しています。

 

インターンシップに受かる就活生の特徴

 

インターンシップを実施する企業の目的は、「優秀な学生を囲い込むこと」です。

そのため、インターンシップに受かるためには、優秀な学生であると認められることが重要です。

 

ここでの優秀な学生とは、入社後に活躍する可能性が高い人物です。

具体的には以下の3つの特徴を持っていると、入社後に活躍する可能性が高いと思ってもらえます。

  • 行動力の高さ
  • 思考力の高さ
  • チームワーク力の高さ

 

以上の3つは、経済産業省が定義している社会で活躍するために必要な社会人基礎力です。

社会人基礎力を高い水準で満たす人ほど、社会で活躍できる可能性が高いと考えられています。

そのため、「行動力」「思考力」「チームワーク力」が高いことをアピールできると、インターンシップに合格することができます。

 

スポンサードサーチ

インターンシップに落ちる就活生の特徴

 

インターンシップに落ちる就活生にも、共通する特徴があります。

インターンシップに落ちる就活生に共通する特徴は、以下の3つです。

  • エントリーシート対策が万全でない
  • 面接対策をほとんどしたことがない
  • 社会人基礎力の高さをアピールできなかった

 

インターンシップ選考に受かるためには、エントリーシートや面接の対策が重要です。

もしエントリーシートや面接の対策が万全でないのであれば、インターンシップには落ちて当たり前です。

それらの対策を頑張ればインターンシップ通過率は高まるため、あまり心配しなくても良いでしょう。

 

社会人基礎力の高さをアピールできなかったことも、就活の準備不足が原因です。

エントリーシートや面接で、面接官にアピールしたいことを明確にしていくことで、通過率が高まっていきます。

仮に社会人基礎力がそもそも低いのであれば、改善していくことをおすすめします。

 

インターンシップに落ちた就活生が大手企業に内定をもらう方法

 

インターンシップに落ちたときには、その後に何をするかが重要です。

インターンシップに落ちた後に就活対策をしなければ、本選考でも全ての企業に落ちてしまいます。

インターンシップに落ちたら、必ず就活対策を頑張るようにしましょう。

 

まずはじめに、就活でやるべき対策の全体像をつかむことが重要です。

就活でやるべき対策をすべて知ることで、現在の自分の立ち位置ややるべきことが明確になります。

そこで、就活の全体像を理解できる就活チェックリストを作成したので、ぜひ参考にしてください。

 

また、就活対策としては「自己分析」「エントリーシート」「筆記試験」「面接」の4つが重要です。

就活で重要な以上の4つに役立つ記事を用意しているので、読み進めてください。

こちらが、就活対策で役立つ4つの記事となっています。

自己分析

就活生におすすめの簡単な自己分析のやり方!自分の強みを知ろう

エントリーシート

【例文あり】受かるエントリーシートの書き方やコツを早稲田生が解説

筆記試験

就活の筆記試験対策は「史上最強SPI&テストセンター超実践問題集」が役立つ

面接

【合格のコツ】就活の面接突破のポイントと効果的な練習方法

 

インターンシップで落ちたとしても、大手企業に内定をもらうことは普通にできます。

なぜなら、インターンシップに落ちる原因の多くを占めるのは、ただの準備不足だからです。

ここから就活対策を本気で頑張って、本選考で志望する企業からの内定を獲得しましょう。

 

スポンサードサーチ

インターンシップに落ちた経験が大手企業内定につながった

 

私はサマーインターンシップで受験企業が全滅していなければ、志望する企業から内定がもらえなかったでしょう。

なぜなら、サマーインターンシップに落ちたことで、本気で就活に取り組むようになったからです。

「悔しい」「見返したい」という気持ちが原動力となって、対策を頑張ることができました。

 

また、インターンシップにたくさん落ちたことで、選考落ちに慣れることができました。

本選考が始まると毎日のように選考結果が届くため、いちいち落ち込んでいる暇はなく、気持ちの切り替えが重要です。

私はインターンシップで選考落ちに慣れていたため、本選考ではうまく切り替えられるようになっていました。

 

選考落ちに慣れることができるのは、インターンシップの選考落ちを経験している人だけです。

このように、インターンシップに落ちた経験は無駄ではなく、本選考で生かすことができます。

インターンシップに落ちた経験を原動力に変えて、就活対策を頑張っていきましょう。

 

インターンシップに落ちた就活生に知ってほしいことのまとめ

 

インターンシップに落ちた就活生でも、大手企業に内定がもらえるということを解説しました。

インターンシップに落ちたという事実よりも、そこからどのように行動をするかが重要です。

私もインターンシップに落ちて悔しい思いをしましたが、それを力に変えることで大手企業に内定をもらうことができました。

 

就活対策としては、「自己分析」「エントリーシート」「筆記試験」「面接」の4つが重要です。

それぞれに役立つ記事を用意しているので、ぜひ就活に役立ててください。

自己分析

就活生におすすめの簡単な自己分析のやり方!自分の強みを知ろう

エントリーシート

【例文あり】受かるエントリーシートの書き方やコツを早稲田生が解説

筆記試験

就活の筆記試験対策は「史上最強SPI&テストセンター超実践問題集」が役立つ

面接

【合格のコツ】就活の面接突破のポイントと効果的な練習方法

 

このブログでは、就活対策としてするべきことをたくさん紹介しています。

就活を頑張るあなたの力になることができると自信を持って言えるので、参考にしていただけると嬉しいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です