使える就活サイトの一覧表|ES見放題や無料の適性診断▶︎

不動産・建設業界で出題されたグループディスカッションのテーマ5選

 

早稲田生であり、大手企業内定者のソチです。

グループディスカッションはコツが掴みにくく、苦手意識を持っている方が多いと思います。

多くの企業がグループディスカッションを実施するため、対策をすることが必須です。

 

グループディスカッション選考を通過するためには、出題されるテーマを事前に知っておくことが重要です。

出題されるテーマの特徴を理解しておくことで、うまく議論を展開することができます。

この記事では、不動産業界と建設業界で出題されたグループディスカッションのテーマを紹介していきます。

 

不動産業界と建設業界で出題されたグループディスカッションテーマ

 

それでは、不動産業界と建設業界で出題されたグループディスカッションテーマを紹介していきます。

以下の5つのテーマが、不動産業界と建設業界で出題されたグループディスカッションのテーマです。

  1. 会社選びにおいて重視すること
  2. 当社の将来像について
  3. 学生と社会人の違い
  4. 今後の不動産業界で必要とされる人材とは
  5. 建設業界における事務社員の役割

 

それぞれのグループディスカッションのテーマを解説していきます。

 

グループディスカッションのテーマ1 会社選びにおいて重視すること

 

グループディスカッションのテーマ1は、「会社選びにおいて重視すること」です。

このグループディスカッションのテーマは、メンバーによって考え方がまったく違います。

メンバーの意見の共通点を探すなど、深い議論ができるように意識していきましょう。

 

そして、このようなテーマには答えがありません。

自分の意見を発表し合うだけのグループディスカッションにはならないように気をつけましょう。

 

グループディスカッションのテーマ2 当社の将来像について

 

グループディスカッションのテーマ2は、「当社の将来像について」です。

企業の将来像についてのテーマは頻出であり、業界研究や企業研究の深さが必要となります。

 

このテーマを議論するにあたり、将来像とは「何年後の将来」を定義するとスムーズに進みます。

グループディスカッションの序盤にメンバー同士でテーマを定義し、共通認識を持ちましょう。

 

グループディスカッションのテーマ3 学生と社会人の違い

 

グループディスカッションのテーマ3は、「学生と社会人の違い」です。

学生と社会人の違いは、エントリーシートでも頻出の質問です。

エントリーシートで頻出の質問が、グループディスカッションのテーマとして出題されました。

 

様々なテーマのエントリーシートを書いておくと、グループディスカッションで役立つことがあります。

そして、内定者のエントリーシートを見ると、このようなテーマでの模範解答を見つけることができます。

内定者のエントリーシート2万枚以上が見れるUnistyleで、模範解答を学習しておきましょう。

 

Unistyleでエントリーシートを見る

 

グループディスカッションのテーマ4 今後の不動産業界で必要とされる人材とは

 

グループディスカッションのテーマ4は、「今後の不動産業界で必要とされる人材とは」です。

このようなテーマでは、企業研究や業界研究の深さが重要となります。

業界の概要や動向、どのような能力が求められているのかを理解していると役立つでしょう。

 

「◯◯というふうに業界が変化していくから、◯◯という能力が必要になる」と論理的に答えを導きましょう。

テーマにある今後とは、「何年後の未来」を指すのかを明確にすると議論がスムーズに進みます。

 

グループディスカッションのテーマ5 建設業界における事務社員の役割

 

グループディスカッションのテーマ5は、「建設業界における事務社員の役割」です。

このグループディスカッションのテーマでも、業界研究の深さが重要となります。

建設業界の働き方や特徴、求められる能力、将来性などについて理解しておきましょう。

 

業界研究を深めるため、本選考が始まる前までにOB訪問を通じて働き方を理解しておきましょう。

OB訪問をすることは、業界研究だけでなく企業研究にも役立ちます。

OB訪問の相手は、ビズリーチ・キャンパスで効率的に見つけることができます。

 

ビズリーチ・キャンパスの公式HPを見る

 

スポンサードサーチ

不動産業界と建設業界のグループディスカッション傾向

 

不動産業界と建設業界のグループディスカッションの傾向として、頻出のテーマが出題されることが多いようです。

頻出のテーマ以外にも、業界研究や企業研究が必要なテーマも出題されていました。

そのため、不動産業界と建設業界について業界理解や企業理解を深めていきましょう。

 

グループディスカッションでは、各グループ1~2人が通過することが多いです。

他のメンバーよりもグループに貢献することができれば、合格することができます。

他の就活生と協力し合いながらも、グループ内で自分の能力が発揮できるように頑張りましょう。

 

不動産業界と建設業界のグループディスカッション対策

 

この記事を見ながらできる、簡単なグループディスカッション対策があります。

それは出題テーマを見ながら、自分だったらどのような意見を主張し、どのような構成でディスカッションを進めるかを考えることです。

テーマについて自分の頭で考えてみることで、だんだんと自分の意見が持てるようになります。

 

そして、グループディスカッション対策に必要な知識は、GDのコツにすべて書いています。

不動産業界と建設業界から内定をもらいたい就活生には、ぜひ見てほしい内容となっています。

グループディスカッションの通過率を高めて、不動産業界や建設業界からの内定をゲットしましょう。

 

グループディスカッションのコツを見る

 

スポンサードサーチ

不動産業界と建設業界のグループディスカッションまとめ

 

不動産業界と建設業界で出題されたグループディスカッションのテーマを紹介しました。

こちらの5つのテーマが、実際に出題されたものになります。

  1. 会社選びにおいて重視すること
  2. 当社の将来像について
  3. 学生と社会人の違い
  4. 今後の不動産業界で必要とされる人材とは
  5. 建設業界における事務社員の役割

 

不動産業界と建設業界では、頻出のグループディスカッションテーマが多いことがわかりました。

グループディスカッションを受けるときには、事前に企業研究を深めるようにしましょう。

企業研究を深める方法は、企業研究のやり方で解説しているので参考にしてください。

 

このブログでは、このような記事が人気です。

面接対策

【合格のコツ】就活の面接突破のポイントと効果的な練習方法

就活チェックリスト

就活解禁前までにやるべき準備・対策のチェックリスト

隠れ優良企業

【就活生必見】BtoBメーカーの隠れ優良企業40社をまとめてみた

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です