使える就活サイトの一覧表|ES見放題や無料の適性診断▶︎

【食品メーカー】グループディスカッションの出題テーマ11選

 

早稲田生であり、大手メーカー内定者のソチです。

食品メーカーは有名な企業が多いため人気があり、倍率は100倍を超えることが多いです。

私は多くの食品メーカーを受験しましたが、運良く内定をいただくことができました。

 

その食品メーカーの選考において、多くの人が苦手としているのがグループディスカッションです。

グループディスカッションの攻略には、出題されるテーマの傾向をつかむことが重要となります。

この記事では、私が受験した食品メーカーで出題されたグループディスカッションのテーマを紹介していきます。

 

食品メーカーの就活

 

食品メーカーは、就活生に特に人気企業であり、選考は非常に熾烈なものになります。

倍率が100倍を超える企業も多いため、内定をもらうためには万全の対策をする必要があります。

その食品メーカーの選考では、エントリーシートとグループディスカッションの通過率が低いです。

 

食品メーカーのグループディスカッションは、通過率が30%ぐらいであることが多いです。

つまり、6人でのグループディスカッションでは、2人が通過できるような計算です。

選考に参加する就活生のレベルは高いですし、グループディスカッション対策が必要です。

 

スポンサードサーチ

食品メーカーのグループディスカッションの出題テーマ

 

それでは、実際に食品メーカーで出題されたグループディスカッションのテーマを紹介します。

以下の11項目が、食品メーカーで出題されたグループディスカッションのテーマです。

 

  1. 新商品を開発するときに必要なこと
  2. 少子高齢化に向けて、新商品を考えてください
  3. 食の魅力とは
  4. 日本の食文化を海外に広めるためには
  5. 魅力を感じるスーパーの惣菜売り場とは
  6. 家庭用商品の新商品を考えて、提案をする
  7. 商品開発についてどう考えるか
  8. 良い会社とは
  9. 魅力的な会社について
  10. 会社を再建するために発行するべき雑誌を決める
  11. 良い食の条件

 

テーマ1~7については、四季報のうしろページに載っている、グループディスカッションのテーマから抜粋しました。

テーマ8~11については、私が受験した食品メーカーで、実際に出題されたグループディスカッションのテーマです。

 

1.新商品を開発するときに必要なこと

 

グループディスカッションのテーマ1は、「新商品を考察するときに必要なこと」です。

このテーマでは、はじめに「新商品とはどういう種類の商品であるか」を定義付けをしましょう。

このようなテーマは、食品メーカーのインターンシップに参加していると答えやすいでしょう。

 

2.少子高齢化に向けて、新商品を考えてください

 

グループディスカッションのテーマ2は、「少子高齢化に向けて、新商品を考えてください」です。

このテーマは、少子高齢化という社会問題と食品メーカーの仕事を掛け合わせたものです。

グループでテーマについての認識を共有して、そのうえでディスカッションをすると良いでしょう。

 

3.食の魅力とは

 

グループディスカッションのテーマ3は、「食の魅力とは」です。

このテーマにおける「食」とは何かを最初に定義すると、ディスカッションがスムーズに進みます。

グループディスカッションでは、まずは定義について共有することが重要です。

 

4.日本の食文化を海外に広めるためには

 

グループディスカッションのテーマ4は、「日本の食文化を海外に広めるためには」です。

日本の食文化を海外に広めるために、どのような方法があるか、何が必要であるかを議論するテーマです。

多くの食品メーカーが海外展開に注力しているため、自分なりの考えを持っておきましょう。

 

5.魅力を感じるスーパーの惣菜売り場とは

 

グループディスカッションのテーマ5は、「魅力を感じるスーパーの惣菜売り場とは」です。

食品メーカーを志望する就活生は、スーパーに買い物に行くことも業界研究となります。

面接でも「スーパーにはよく行くの?」と聞かれるため、スーパーを自分なりに研究してみましょう。

 

6.家庭用商品の新商品を考えて、提案をする

 

グループディスカッションのテーマ6は、「家庭用商品の新商品を考えて、提案をする」です。

食品メーカーで頻出の商品開発に関するテーマですが、「家庭用商品」という条件がついています。

このような商品開発のテーマでは、「高齢化」「女性の社会進出」「時短」など、社会変化に合わせた商品を提案しましょう。

 

7.商品開発についてどう考えるか

 

グループディスカッションのテーマ7は、「商品開発についてどう考えるか」です。

少し抽象的なテーマであり、議論の方向性を決めることが難しいでしょう。

議論の正解はないですが、商品開発の現状や課題について意見を出し合えると良いでしょう。

 

MEMO
ここからが、私が受験した食品メーカーで実際に出題されたテーマです。

 

8.良い会社とは

 

グループディスカッションのテーマ8は、「良い会社とは」です。

このグループディスカッションのテーマは、大手の製粉会社で出題されました。

「良い会社とは」というテーマであるため、まずは「誰」にとっての良い会社かを決めると良いでしょう。

 

このグループディスカッションでは、発表をする時間がなく、議論をまとめる必要がありませんでした。

このような大きなテーマでは、定義づけをして共通認識を持つことが何よりも重要です。

 

9.魅力的な会社について

 

グループディスカッションのテーマ9は、「魅力的な会社について」です。

「良い会社とは」と似ていますが、こちらは大手の乳業会社で出題されたテーマです。

 

「良い会社とは」と同じように、最初に定義付けをして、議論の方向性を決めましょう。

「誰」にとっての魅力的な会社であるかを明確にすることで、スムーズに話が進められるでしょう。

 

10.会社を再建するために発行するべき雑誌を決める

 

グループディスカッションのテーマ10は、「会社を再建するために発行するべき雑誌を決める」です。

このグループディスカッションのテーマは、大手の食肉メーカーで出題されました。

 

10人でのグループディスカッションで、はじめに雑誌のテーマが1人1つ与えられます。

会社を再建するために発行するべき雑誌として、自分が与えられたテーマの雑誌を選ばせるのがミッションです。

相手の意見を尊重しながら、自分のテーマを選ばせることが難しかったです。

 

11.良い食の条件

 

グループディスカッションのテーマ11は、「良い食の条件」です。

こちらも大手の食肉メーカーで出題されたテーマであり、食に関するものでした。

 

誰にとっての良い食なのか、どういう時間配分で議論を進めるか、などを決めてから話を進めましょう。

最後に発表する時間があったため、発表練習する時間が取れると良いでしょう。

 

食品メーカーのグループディスカッションの傾向

 

四季報に掲載されていたテーマは、食品メーカー独自のものが多かった印象です。

「商品開発」や「食」に関するテーマが、特に多く出題されていました。

 

私が受けたグループディスカッションでは、食品メーカー独自のテーマは1社だけでした。

そして、4社のうち2社が、「良い会社とは」という内容だったのことが印象的でした。

 

グループディスカッションでは、各グループ1~2名だけが通過することができます。

グループディスカッション対策を万全にして、選考を受けましょう。

 

スポンサードサーチ

食品メーカーのグループディスカッション対策

 

この記事を見ながらできる、簡単なグループディスカッション対策があります。

それは出題テーマを見ながら、自分だったらどのような意見で、どのようにディスカッションを進めるか考えることです。

実際に自分の頭で考えてみることで、だんだんと自分の意見が持てるようになります。

 

そして、グループディスカッション対策に必要な知識は、GDのコツにすべて書きました。

食品メーカーを受験する就活生には、絶対に見てほしい内容となっています。

グループディスカッション対策を深めて、大手の食品メーカーからの内定をゲットしましょう。

 

GDのコツを見る

 

食品メーカーのグループディスカッションまとめ

 

食品メーカーで実際に出題された、グループディスカッションのテーマを紹介しました。

改めて、食品メーカーで出題されたグループディスカッションのテーマ一覧表がこちらです。

 

  1. 新商品を開発するときに必要なこと
  2. 少子高齢化に向けて、新商品を考えてください
  3. 食の魅力とは
  4. 日本の食文化を海外に広めるためには
  5. 魅力を感じるスーパーの惣菜売り場とは
  6. 家庭用商品の新商品を考えて、提案をする
  7. 商品開発についてどう考えるか
  8. 良い会社とは
  9. 魅力的な会社について
  10. 会社を再建するために発行するべき雑誌を決める
  11. 良い食の条件

 

食品メーカーはとにかく倍率が高く、選考難易度が高いです。

GDのコツでグループディスカッションの知識をつけ、内定がもらえるように頑張りましょう。

 

このブログでは、このような記事が人気です。

隠れ優良企業

【就活生必見】BtoBメーカーの隠れ優良企業40社をまとめてみた

全国転勤なし

【新卒就活】全国転勤なしの大手企業50社以上を一覧で掲載しました

自己分析のやり方

就活生におすすめの簡単な自己分析のやり方!自分の強みを知ろう

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です