使える就活サイトの一覧表|ES見放題や無料の適性診断▶︎

【金融業界】グループディスカッションの出題テーマ6選

 

早稲田生であり、大手メーカー内定者のソチです。

金融業界では選考フローが長いため、グループディスカッション選考がある企業が多いです。

グループディスカッションはコツが掴みにくく、苦手意識を持っている方が多いと思います。

 

グループディスカッション選考を通過するためには、出題されるテーマを事前に知っておくことが重要です。

出題されるテーマの特徴を理解しておくことで、うまく議論を展開することができます。

この記事では、金融業界で出題されたグループディスカッションのテーマを紹介していきます。

 

就活における金融業界

 

金融業界とは、銀行・金庫・共済・証券・生保などの企業が属する業界を指します。

金融業界は採用人数が多いですが、倍率が高い人気の業界でもあります。

銀行は応募する就活生も少なくなってきましたが、倍率は依然として高いです。

 

金融業界に限ったことではありませんが、面接対策をすることが内定への近道です。

金融業界は選考フローが長い企業も多いですから、面接対策は万全にしましょう。

面接突破のコツは、面接合格のポイントで解説しています。

 

スポンサードサーチ

金融業界で出題されたグループディスカッションのテーマ

 

それでは、金融業界のグループディスカッションで出題されたテーマを紹介していきます。

以下の6つのテーマが、金融業界で実際に出題されたグループディスカッションのテーマです。

  1. 当社の未来を描け
  2. あったらいいなと思う銀行の新たなサービス
  3. 成功体験と失敗体験、どちらが人生に必要か
  4. 地方創生に必要だと思うもの
  5. 営業職にとって大切なこととは
  6. 当社の強みと弱み

 

それぞれのグループディスカッションのテーマを解説していきます。

 

グループディスカッションのテーマ1:当社の未来を描け

 

グループディスカッションのテーマ1は、「当社の未来を描け」です。

このようなテーマでは、業界研究や企業研究ができていることが前提となっています。

業界動向、競合他社、企業の強み・弱みなどを理解したうえで、グループディスカッションに参加しましょう。

 

グループディスカッションのテーマ2:あったらいいなと思う銀行の新たなサービス

 

グループディスカッションのテーマ2は、「あったらいいなと思う銀行の新たなサービス」です。

先ほどのテーマと同じように、業界研究と企業研究ができていることが求められます。

銀行の選考では、このように入社意欲が求められることが多いイメージがあります。

 

グループディスカッションのテーマ3:成功体験と失敗経験、どちらが人生に必要か

 

グループディスカッションのテーマ3は、「成功体験と失敗体験、どちらが人生に必要か」です。

このグループディスカッションのテーマは、金融業界には関係がない一般的なものです。

「成功体験や失敗体験とは何か」「誰の人生にとって必要か」を明確にしてから議論を始めましょう。

 

グループディスカッションのテーマ4:地方創生に必要だと思うもの

 

グループディスカッションのテーマ4は、「地方創生に必要だと思うもの」です。

これは、今後厳しい時代になるといわれている地方銀行で出題されたテーマです。

地方銀行に就職したい方にとって、このテーマについて考えることは面接でも役立つでしょう。

 

グループディスカッションのテーマ5:営業職にとって大切なこととは

 

グループディスカッションのテーマ5は、「営業職にとって大切なこととは」です。

このテーマは、グループディスカッションもそうですが、面接で聞かれることもあります。

そのため、このテーマについて自分なりの意見を持っておけると役立つことがあるでしょう。

 

グループディスカッションのテーマ6:当社の強みと弱み

 

グループディスカッションのテーマ6は、「当社の強みと弱み」です。

このテーマは企業研究の深さが重要となるため、この企業は入社意欲が重視されるということでしょう。

企業研究の深さで合否が決まるテーマは珍しいので、志望度が高い人を選別したいという採用方針がわかります。

 

金融業界のグループディスカッション傾向

 

金融業界のグループディスカッションの傾向として、業界研究や企業研究が必須のテーマが多いことがわかりました。

私はメーカーを中心に受験していましたが、メーカーではそのようなテーマはほとんどありませんでした。

金融業界では、企業研究をしている入社意欲の高い就活生を求めているということでしょう。

 

グループディスカッションでは、各グループ1~2人が通過することが多いです。

他のメンバーよりもグループに貢献することができれば、合格することができます。

他の就活生と協力し合いながらも、グループ内で自分の能力が発揮できるように頑張りましょう。

 

スポンサードサーチ

金融業界のグループディスカッション対策

 

この記事を見ながらできる、簡単なグループディスカッション対策があります。

それは出題テーマを見ながら、自分だったらどのような意見を主張し、どのような構成でディスカッションを進めるかを考えることです。

テーマについて自分の頭で考えてみることで、だんだんと自分の意見が持てるようになります。

 

そして、グループディスカッション対策に必要な知識は、GDのコツにすべて書いています。

金融業界から内定をもらいたい就活生には、ぜひ見てほしい内容となっています。

グループディスカッションの通過率を高めて、金融業界からの内定をゲットしましょう。

 

グループディスカッションのコツを見る

 

金融業界のグループディスカッションまとめ

 

金融業界で出題されたグループディスカッションのテーマを紹介しました。

こちらの6つのテーマが、実際に出題されたものになります。

  1. 当社の未来を描け
  2. あったらいいなと思う銀行の新たなサービス
  3. 成功体験と失敗体験、どちらが人生に必要か
  4. 地方創生に必要だと思うもの
  5. 営業職にとって大切なこととは
  6. 当社の強みと弱み

 

金融業界では、企業研究や業界研究などの知識が問われるテーマが多いです。

そのため、グループディスカッションを受けるときには、事前に企業研究を深めるようにしましょう。

企業研究を深める方法は、企業研究のやり方で解説しているので参考にしてください。

 

このブログでは、このような記事が人気です。

面接対策

【合格のコツ】就活の面接突破のポイントと効果的な練習方法

就活チェックリスト

就活解禁前までにやるべき準備・対策のチェックリスト

隠れ優良企業

【就活生必見】BtoBメーカーの隠れ優良企業40社をまとめてみた

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です