使える就活サイトの一覧表|ES見放題や無料の適性診断▶︎

【例文あり】受かるエントリーシートの書き方やコツを早稲田生が解説

 

早稲田生であり、大手メーカー内定者であるソチです。

就活において、対策が必須であることにエントリーシートの練習があります。

 

エントリーシートは、どの企業でも提出する必要があります。

就活生から人気の食品メーカーや有名企業では、エントリーシート通過率は30%を下回ることもあります。

 

そのエントリーシートで落ちてしまったら、面接すら受けることができず、後悔が残ってしまいます。

そこで、エントリーシートの書き方や通過のコツについて、わかりやすく解説していきます。

 

受かるエントリーシートの書き方やコツ

 

さっそく、受かるエントリーシートの書き方やコツを紹介していきます。

まず初めに、受かるエントリーシートに共通していることを解説します。

受かるエントリーシートには、こちらの3つの項目が共通しています。

  • 読みやすいこと
  • エピソードの具体例を示すこと
  • 成果が数値で記載されていること

 

読みやすいこと

 

読みやすいエントリーシートであることが、受かるエントリーシートの大前提です。

読みやすいエントリーシートとは、あなたを知らない人が読んでも、スラスラと読み進められるようなエントリーシートです。

エントリーシートに書くエピソードの状況を、人事の方に的確に伝えることを心がけましょう。

 

読みやすいエントリーシートであるために、最低限気をつけるべきことはこちらの3つです。

  • 誤字・脱字がない
  • 結論ファースト
  • 読み手に状況が伝わる

 

読み手に状況が伝わるとは、例えばこのようなエントリーシートです。

悪い例「私は、バスケットボールサークルに所属しています。」

良い例「私は、30人が所属するバスケットボールサークルで、3年間活動しています。」

 

悪い例では、あなたのことを知らない読み手に、どのようなバスケットボールサークルであるかが伝わりません。

そのため、読み手のことを考えていない、わかりにくいエントリーシートになってしまっています。

 

良い例では、バスケットボールサークルについて、「30人が所属している」「書き手は3年間活動している」という情報が与えられました。

くわしい情報が与えられているため、文章を読み進めやすく、具体的な光景をイメージしやすくなります。

このように、あなたを知らない読み手にも、状況をイメージしやすい文章を意識してみましょう。

 

エピソードの具体例を示すこと

 

エントリーシートでは、エピソードの具体例を伝えることを意識しましょう。

エピソードの具体例を伝えることが、あなたの考え方や人間性を伝えることになるためです。

 

エピソードの具体例を示すとは、例えばこのようなエントリーシートです。

悪い例「服屋で働いており、お客様に合わせた最適な提案をすることを心がけました。」

良い例「服屋で働いており、お客様に合わせた最適な提案をすることを心がけました。まずはお客様との自然な会話を通じて、お客様のニーズや好みを的確に理解しようと努めました。」

 

良い例では、「お客様に合わせた最適な提案をするために心がけていたこと」の具体例が述べられています。

心がけていたことの具体例にこそ、あなたの考え方の特徴が含まれています。

人事の方が知りたいことは、あなたの考え方の特徴であるため、具体例は必ず提示するようにしましょう。

 

成果が数値で記載されていること

 

さいごに、成果が数値で記載されていることも、受かるエントリーシートの特徴です。

成果が数値で記載されていないと、読み手に結果が伝わりにくい文章になってしまいます。

もし数値が記載できないエピソードの場合は、言葉でわかりやすく成果を伝えましょう。

 

成果が数値で記載されているエントリーシートとは、このようなものです。

悪い例「これらの施策の結果、客単価が高まり、売上の増加につながりました。」

良い例「こららの施策の結果、前年同時期と比較して客単価は◯◯円高まり、△△円の売上増加となりました。」

 

悪い例のように「売上の増加につながりました」と言われても、どのくらいの売上増加なのか想像がつきません。

100円と100万円の売上増加では雲泥の差があるため、わかりにくくて不親切な文章となっています。

そこで、実際の成果を数値で示すことによって、どれくらいの売上増加になったかを伝えましょう。

 

スポンサードサーチ

受かるエントリーシートの例文

 

ここまで、受かるエントリーシートの書き方を解説してきました。

受かるエントリーシートの共通点として、以下の3つを紹介しました。

  • 読みやすいこと
  • エピソードの具体例を示すこと
  • 成果が数値で記載されていること

 

これらの共通点を踏まえ、受かるエントリーシートの例文を作成します。

まず、多くの就活生に見られるダメなエントリーシートを紹介し、それを添削していきます。

 

こちらが、多くの就活生に見られるダメなエントリーシートです。

塾講師のアルバイトを頑張りました。
アルバイトでは、生徒と密なコミュニケーションを取ることを心がけました。
その工夫によって、生徒を難関大学に合格させることができました。

 

こちらの例文には、先ほど紹介した受かるエントリーシートの共通点が1つも含まれていません。

単調な文章であり、エピソードの具体例や成果の数値が書かれていません。

 

そこで、エントリーシートで重要である3つの項目を含むエントリーシートへと改善します。

  • 読みやすいこと
  • エピソードの具体例を示すこと
  • 成果が数値で記載されていること

 

以上の3つを含め、ダメなエントリーシートを改善すると、このような文章になります。

3年間続けている個別指導塾の講師のアルバイトを頑張りました。
指導において、1人1人に合わせた指導が大切だと考え、◯◯をすることで生徒の特徴をを理解しようとしました。
そして、△△な生徒には⬜︎⬜︎を意識して指導するなど、生徒の特徴に合わせた指導方法を実践しました。
1人1人に合わせた指導を心がけたことで、難関大学への合格率を、前年と比較してXX%高めることができました。

 

ダメなエントリーシートの例文を添削すると、上記のようなエントリーシートとなります。

2つの文章を読み比べてみると、読みやすさやに違いがあるのは一目瞭然だと思います。

このように、読み手が理解しやすく、エピソードの詳細と結果がわかるようなエントリーシートに仕上げましょう。

 

エントリーシートの通過率を高める方法

 

受かるエントリーシートの書き方を紹介しましたが、初めから受かるエントリーシートを書くことは難しいです。

質の高いエントリーシートを書くためには、それなりの練習が必要です。

質の高いエントリーシートを書けるようになるためには、以下の3つの方法があります。

  1. エントリーシートをひたすら書き、受かるエントリーシートに仕上げていく
  2. Unistyleで内定者のエントリーシートの特徴や構成を学ぶ
  3. キャリアセンターやOB訪問で、エントリーシートの添削をしてもらう

 

エントリーシートをひたすら書き、受かるエントリーシートに仕上げていく

 

エントリーシートをひたすら書き、量をこなすことで、次第に上達していきます。

書き続けることで文章力が高まるとともに、エントリーシートの質問項目にも慣れるためです。

 

そのため、まずは失敗を恐れずに、たくさんのエントリーシートを書いてみましょう。

そして、様々な企業にエントリーシートを提出して、徐々に修正していけば良いのです。

その時には、この記事で紹介した受かるエントリーシートの共通点を、ぜひ参考にしてみてください。

 

私が就活生のとき、サマーインターンシップのエントリーシート通過率は高くありませんでした。

しかし、エントリーシートを書き続けたことによって、エントリーシートの通過率が徐々に高まってきました。

様々な質問項目のエントリーシートを書いてみて、文章力を上達させていきましょう。

 

Unistyleで内定者のエントリーシートの特徴や構成を学ぶ

 

受かるエントリーシートには、受かるだけの理由があります。

大手企業内定者のエントリーシートは質が高く、読み手の目に留まるような魅力が詰まっています。

内定者の質の高いエントリーシートを見ることは、エントリーシートの上達に欠かせません。

 

Unistyleという就活サイトでは、内定者のエントリーシート2万枚以上が無料で見られます。

企業ごとに通過エントリーシートが見られるため、就活生には欠かせないサイトです。

私はUnistyleで内定者のエントリーシートの特徴や構成を学び、自分のエントリーシートに活かしていました。

 

内定者のエントリーシートを見る

 

キャリアセンターやOB訪問で、エントリーシートの添削をしてもらう

 

自分の力だけで、エントリーシートの通過率を高めることには限界があります。

時間に余裕があるのであれば、就活に精通した方にエントリーシートを添削してもらいましょう。

添削をしてもらうのは、キャリアセンターのスタッフでもOB訪問をする社会人でも良いでしょう。

 

私が就活生の時には、大学の先輩とOB訪問の社会人にエントリーシートの添削をしてもらいました。

OB訪問の社会人には、事前にエントリーシートの内容を見てあげると言われたため、添削をしてもらいました。

OB訪問の相手は、ビズリーチ・キャンパスで見つけることができるため、興味があれば利用してみてください。

 

ビズリーチ・キャンパスの公式HPを見る

 

スポンサードサーチ

エントリーシート提出前のチェックリスト

 

ここまで、受かるエントリーシートの特徴やエントリーシート通過率の高め方を解説してきました。

それらを参考にエントリーシートを書けば、自然とエントリーシート通過率は高まっていくはずです。

 

さいごに、エントリーシートを提出する前に確認して欲しいことがあります。

エントリーシート提出前のチェックリストを作成しましたので、活用しみてください。

  • 誤字・脱字がない
  • 結論ファーストになっている
  • 初めて読んだ人にも伝わる内容である
  • 声に出して読んでも違和感がない文章である
  • 具体的な行動内容が記載されている
  • 具体的な数値や成果が書かれている
  • 自分の特徴や魅力が伝えられている

 

これらが、エントリーシート提出直前に確認してほしいチェックリストです。

特に「声に出して読んでも違和感がない文章である」という項目ができていない就活生が多い印象です。

実際に声に出してみると違和感に気がつきやすいので、試しみてください。

 

エントリーシートの書き方まとめ

 

エントリーシートの上達に役立つような内容を紹介してきました。

この記事で紹介したことを、改めてまとめてみたいと思います。

 

受かるエントリーシートの共通点は、こちらの3つです。

  • 読みやすいこと
  • エピソードの具体例を示すこと
  • 成果が数値で記載されていること

 

そして、エントリーシート通過率を高める方法は、こちらの3つです。

  1. エントリーシートをひたすら書き、受かるエントリーシートに仕上げていく
  2. Unistyleで内定者のエントリーシートの特徴や構成を学ぶ
  3. キャリアセンターやOB訪問で、エントリーシートの添削をしてもらう

 

つまり、内定者のエントリーシートを参考にしながら、様々な企業のエントリーシートを書いてみて、その内容を添削してもらえれば完璧です。

エントリーシートを上達させるため、成功事例から学び、実際に行動して、それを見直すことを意識しましょう。

 

以上が、エントリーシート通過率を高めるために必要なことです。

この記事を参考にして、エントリーシート通過率を高めていきましょう。

 

このような記事も読まれています。

隠れ優良企業

【就活生必見】BtoBメーカーの隠れ優良企業40社をまとめてみた

就活サイト比較

【本音でレビュー】おすすめの就活サイトの一覧表

全国転勤なし

【新卒就活】全国転勤なしの大手企業50社以上を一覧で掲載しました

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です