使える就活サイトの一覧表|ES見放題や無料の適性診断▶︎

【体験記】NTTドコモのインターン選考の倍率や面接内容を紹介

 

早稲田生のソチです。

この記事では、大手通信会社であるNTTドコモのグループディスカッションのテーマや倍率を解説します。

ここで紹介するインターンシップの選考内容は、事務系対象インターンシップの選考で実施されたものです。

 

NTTドコモのインターンシップ選考

 

それでは、さっそくNTTドコモの事務系対象インターンシップの選考内容を紹介します。

こちらで紹介するのは、3daysインターンシップに参加するための選考です。

 

NTTドコモのインターンシップの選考フロー

 

NTTドコモのインターンシップに参加するための選考フローは、このようになっています。

 

  • STEP.1
    エントリーシート
    エントリーシートを提出します
  • STEP.2
    選考会
    グループディスカッションかプレゼンテーションを選べます
  • STEP.3
    グループ面接
    選考会のあとに、簡単なグループ面接がありました

 

エントリーシート通過後の選考会では、グループディスカッションかプレゼンテーションを選ぶことができます。

私はグループディスカッションを選んだため、グループディスカッションの詳細を紹介します。

 

NTTドコモのエントリーシート

 

エントリーシートの質問は2つ出題され、難しい内容ではありませんでした。

 

エントリーシートの質問内容は、こちらです。

  • インターシップに参加したいと考える理由(150文字以内)
  • あなたの個性・長所を漢字一文字で表し、その漢字を選んだ理由を教えてください(400文字以内)

 

インターンシップに参加したい理由は、多くの企業で出題される内容です。

インターンシップに参加したい理由の書き方は、インターンシップESの志望動機で解説しています。

漢字一文字で表す系の質問もたまに出題されるため、この機会に書く練習をしてみましょう。

 

NTTドコモのエントリーシートを通過するためには、実際に通過したエントリーシートを見ることが、手っ取り早いです。

NTTドコモに合格した先輩のエントリーシートは、Unistyleに掲載されています。

ソチ

先輩のエントリーシートを参考にして、NTTドコモから内定を獲得しましょう

 

NTTドコモの通過エントリーシートを見る

 

MEMO
エントリーシートの通過連絡は、1〜2週間後にメールで届きました

 

NTTドコモのグループディスカッション

 

さっそく、グループディスカッション選考の詳細を解説します。

先ほども述べたように、エントリーシートの通過後には、グループディスカッションかプレゼンテーションを選ぶことができます。

会場にいた8割ぐらいの就活生が、グループディスカッションを選択していました。

 

グループディスカッション選考は、就活生6人が1グループで、面接官1人に評価される形式です。

就活生は6人中5人が早慶、1人がMARCHの学生というレベルの高い選考でした。

実際にグループディスカッションのレベルは、他の企業と比較しても高かったです。

 

MEMO
人事の方は30歳ぐらいの女性の方でした

 

グループディスカッションが始まる前に、名前、趣味、自分を色で表すと何色か、をメンバーに紹介しました。

エントリーシートでは自分を「漢字」で、自己紹介では自分を「色」で表現させられます。ドコモの選考では自分を何かで表すことが多いようです。

面接官の方は、就活生が答えた趣味や色について、それぞれメモをしていました。

 

グループディスカッションのテーマは、「歩きスマホについてどう考えるか」です。

グループディスカッションの時間は、正確には覚えていないのですが、30分ぐらいだったと思います。

グループディスカッションが終わった後には、面接官に向かって議論の結果を発表します。

 

「歩きスマホについてどう考えるか」は、そこまで難しくないテーマです。

どのような場所での歩きスマホか、誰の歩きスマホかなど、はじめにテーマの定義付けをしましょう。

歩きスマホについて「どう考えるか」であるため、無理して解決策を見つける必要はありませんし、自由に議論を進めて良いでしょう。

 

NTTドコモのグループ面接

 

グループディスカッションが終わったあとには、その場で簡単なグループ面接がありました。

人事の方は、「選考に関係ないから気軽に答えてね」と言ってしました。

実際にとても和やかな雰囲気で、笑いのあるようなグループ面接でした。

 

グループ面接の質問内容は、このようなものでした。

  • 今一番頑張っていること
  • 現在、興味のある業界や仕事

 

1つの質問に対して、1人1分以内には答えるような簡単なものです。

回答に対して深掘りされることもなく、人事の方が軽く感想を言って、自分のターンは終わります。

このグループ面接に関しては、あまりメモを取っている様子もなかったため、本当に選考に関係ないのかもしれません。

 

MEMO
グループ面接の前のグループディスカッションで、合否が決まっていたからだと思います

 

グループ面接は、このような簡単なものであったため、特別な対策は必要ありません。

自分の考えを、人事の方に向けて本音で話せば良いと思います。

人事の方は、就職活動やキャリアに関するアドバイスをくれたため、とても参考になりました。

 

スポンサードサーチ

NTTドコモのインターンシップ選考の合否連絡や倍率

 

合格した人は、1週間ぐらいでメールが届きます。不合格の場合は、3週間ぐらいでお祈りメールが届きます。

グループディスカッション選考に合格した人は、NTTドコモの3daysインターンシップに参加することができます。

インターンは、NTTドコモの企業研究が深まるだけでなく、人事の方に顔を覚えてもらえるため、志望度が高い人にはおすすめです。

 

受験者数と合格者数から倍率を推測すると、だいたい5倍程度だと思います。

グループディスカッションのグループ6人のうち、1〜2人が合格できるような倍率となっています。

選考会は、早慶・国立の学生がほとんどで、エントリーシートで人数をかなりしぼっていると感じました。

そのため、エントリーシートも含めた倍率は、10〜50倍と推測します。

 

NTTドコモのインターンシップ選考に合格するコツ

 

NTTドコモのインターンシップ選考に合格するためには、2つのコツがあります。

それは、こちらの2つのコツです。

  • グループディスカッションで価値を発揮する
  • エントリーシートの質を高める

 

グループディスカッションで価値を発揮する

 

NTTドコモのインターンシップに参加するためには、グループディスカッションに通過しなくてはなりません。

グループディスカッション選考ではコツをつかむことが難しいため、多くの就活生が苦手としています。

NTTドコモのグループディスカッションでは、メンバーと協力し合いながら、議論を深めていくことが大切です。

 

そして、NTTドコモのグループディスカッションを通過するためには、グループ内で価値を発揮する必要があります。

グループディスカッションでの価値の発揮方法は、グループディスカッションのコツで紹介しました。

こちらの記事を参考に、グループ内で価値を発揮できるように心がけましょう。

 

エントリーシートの質を高める

 

NTTドコモのインターンシップ選考では、エントリーシートが一番の山場であると感じました。

それは、グループディスカッションで出会う学生のレベルが高く、エントリーシートでかなり数をしぼったと考えたためです。

そのため、質の高いエントリーシートが書けなければ、エントリーシートで落選してしまうでしょう。

 

エントリーシートの上達方法は、先輩や内定者のエントリーシートを参考にひたすら書き続けることです。

書き続けることで、次第に要領を掴み、受かるエントリーシートに仕上がっていきます。

インターンシップのエントリーシートを多く提出することで、エントリーシートの質を高めていきましょう。

 

スポンサードサーチ

NTTドコモのインターンシップ選考まとめ

 

NTTドコモのインターンシップ選考では、グループディスカッションとグループ面接が実施されました。

グループディスカッション選考があるため、基本的な立ち回り方は知っておきましょう。

グループ面接は、限られた時間だったため、質問に結論ファーストで端的に答えることが重要です。

 

NTTドコモは就活生から人気の大手企業であるため、エントリーシート通過率が低いです。

そのNTTドコモに合格した先輩のエントリーシートは、Unistyleに掲載されています。

ソチ

先輩のエントリーシートを参考にして、NTTドコモの本選考も突破しましょう

 

NTTドコモの通過エントリーシートを見る

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です