使える就活サイトの一覧表|ES見放題や無料の適性診断▶︎

絶対に入社しないために!就活におけるブラック企業の見分け方10選

 

19卒で就活をしていたソチです。

就活をするにあたって、ブラック企業にだけは入りたくないですよね。

しかし、ブラック企業の社員は話しがうまいため、ブラック企業を見分けることは難しいです。

 

そこで、就活生に向けてブラック企業の見分け方10選を紹介します。

ブラック企業の見分け方を知り、絶対に入社しないように気をつけましょう。

 

ブラック企業とは

 

ブラック企業とは、過重労働・違法労働・パワハラによって、社員を使いつぶすような会社のことです

ブラック企業を問題視して、ブラック企業の頂点を決める「ブラック企業大賞」という企画が、2012年から開催されています。

ブラック企業に入社するメリットは何もないため、そのような企業を見分ける力が必要となります。

 

労働時間が長い会社の全てが、ブラック企業というわけではありません。

ブラック企業とは社員の意思や人権を無視して、従業員を使いつぶすような会社を指します。

社員が仕事内容に納得していたり、残業代がきちんと払われていたりすれば、ブラック企業ではないので注意してください。

 

スポンサードサーチ

就活生のブラック企業の見分け方10選

 

それでは、ブラック企業の見分け方10選を紹介していきます。

  1. 平均勤続年数が短い
  2. 内定を出すことが他社より極端に早い
  3. 企業規模と比較して採用予定者が多い
  4. 研修といって企業でのアルバイトを強要する
  5. 給料が極端に高い
  6. 手当てや歩合が多くて基本給が少ない
  7. 見なし残業がある
  8. 新卒離職率が高い
  9. 口コミサイトでの評判が悪い
  10. 会社から出てくる社員の顔が疲れている

 

MEMO
それぞれの特徴に当てはまったとしても、ブラック企業であるとは限りません。あくまで、私が就活をする中で、ブラック企業に当てはまることが多いと思った特徴です。

 

ブラック企業の見分け方1:平均勤続年数が短い

 

ブラック企業の見分け方1は、「平均勤続年数が短い」です。

ブラック企業では従業員を使いつぶすため、社員の定着率が低いという特徴があります。

社員がすぐにやめてしまいことは、企業の平均勤続年数が短いという特徴として現れます。

 

ブラック企業の見分け方2:内定を出すことが他社より極端に早い

 

ブラック企業の見分け方2は、「内定を出すことが他社より極端に早い」です。

たった1回の選考で内定が決まったり、内定を出す時期が早い企業には注意が必要です。

人員不足のため、誰でも良いから入社して欲しい状況であることが考えられます。

 

ブラック企業の見分け方3:企業規模と比較して採用予定者が多い

 

ブラック企業の見分け方3は、「企業規模と比較して採用予定者が多い」です。

業界などにもよりますが、企業規模と比較して採用予定者が多い企業には注意が必要です。

社員がすぐやめてしまうため、大量採用を実施している場合が多いためです。

 

ブラック企業の見分け方4:研修といって企業でのアルバイトを強要する

 

ブラック企業の見分け方4は、「研修といって企業でのアルバイトを強要する」です。

就活生に内定を与えたあとに、研修という名目でアルバイトをさせる企業があります。

人手が足りない状況であったり、内定辞退をさせなかったりすることが目的ですので、少し注意が必要です。

 

ブラック企業の見分け方5:給料が極端に高い

 

ブラック企業の見分け方5は、「給料が極端に高い」です。

同業他社と比較して給料が高い企業は、そのような給与でなければ人が集まらないということです。

何の理由もなく給料が高い企業は存在しませんので、その理由を見極める必要があります。

 

ブラック企業の見分け方6:手当てや歩合が多くて基本給が少ない

 

ブラック企業の見分け方6は、「手当てや歩合が多くて基本給が少ない」です。

基本給が少ないと収入が安定しないため、正社員でありながらお金に困る生活になってしまいます。

基本給が少ないと退職金やボーナスにも影響してきますので、少し注意が必要です。

 

ブラック企業の見分け方7:見なし残業がある

 

ブラック企業の見分け方7は、「見なし残業がある」です。

見なし残業があるということは、その分の残業はほぼ確実にあると考えて良いでしょう。

働き方改革が進んで是正される可能性はありますが、みなし残業の企業は少し注意が必要です。

 

ブラック企業の見分け方8:新卒離職率が高い

 

ブラック企業の見分け方8は、「新卒離職率が高い」です。

ブラック企業では社員の入れ替わりが激しく、新入社員の離職率も高い特徴があります。

四季報の入社3年後離職率が高い企業は、ブラック企業の可能性が高いといえます。

 

ブラック企業の見分け方9:口コミサイトでの評判が悪い

 

ブラック企業の見分け方9は、「口コミサイトでの評判が悪い」です。

説明会などでは会社の良い部分しか話されないため、インターネットでの評判も見ることが重要です。

ブラック企業は、Vorkersや就活会議などの口コミサイトでの評判がたいてい悪いです。

 

ブラック企業の見分け方10:会社から出てくる社員の顔が疲れている

 

ブラック企業の見分け方10は、「会社説明会の人事や会社から出てくる社員の顔が疲れている」です。

企業の定時の時間帯にオフィスの前に立ってみると、ホワイト企業ではすぐにたくさんの社員が出てきます。

一方のブラック企業では、社員は出てきませんし、夜遅くまでオフィスの電気が付いていることが多いです。

 

新卒就活でブラック企業を見極める方法

 

ここまで、ブラック企業にはどのような特徴があるかを紹介しました。

ここからは、ブラック企業を見極める方法について解説します。

就活生がブラック企業を見極める方法には、以下の2つがあります。

  • Vorkersや就活会議などの口コミサイトを駆使する
  • 実際に企業の社員にOB訪問をする

 

Vorkersや就活会議などの口コミサイトを駆使する

 

ブラック企業であると、びっくりするくらい口コミサイトでの評判が悪いです。

そのため、就活でエントリーする企業がブラック企業であるかを調べるのにはもってこいです。

自分がエントリーする企業は、1度口コミサイトで確認してみると良いでしょう。

 

実際に企業の社員にOB訪問をする

 

ブラック企業を見極めるために、社員にOB訪問をすることはおすすめです。

実際に働く社員に話を聞いてみることで、働き方や雰囲気を理解することができます。

OB訪問を受け付けている社会人は、ビズリーチ・キャンパスで見つけられるので活用してみてください。

 

ビズリーチ・キャンパスの公式HPを見る

 

スポンサードサーチ

ブラック企業に入社しないために重要なこと

 

ブラック企業に入社しないためには、就活に真剣に取り組むことが重要です。

就活に真剣に取り組むことによって、だんだんとブラック企業を見分ける目が養われていきます。

就活に真剣に取り組み、ホワイト企業に内定をもらうために以下の2つのことを意識しましょう。

  • 早い時期から就活を始める
  • 質の高い情報を収集する

 

早い時期から就活を始める

 

ホワイト企業から内定をもらうためには、早い時期から就活を始めることが重要です。

なぜなら、やることリストで紹介したように、就活でやるべきことはたくさんあるからです。

全てを完璧にしようと思うと時間がかかるため、早い時期から動き出すことが必要です。

 

質の高い情報を収集する

 

ホワイト企業から内定をもらうためには、質の高い情報を収集することが重要です。

就活は情報戦と言われることがあるように、情報収集の質がとても大事です。

自分の信頼できる情報収集源を見つけて、就活に役立つ情報を仕入れましょう。

 

質の高い情報収集源としては、手前味噌ですが私のブログがおすすめです。

隠れ優良企業特集全国転勤なし特集のように、就活生に役立つ情報がたくさんあります。

それらの知識を参考にして、就活をうまく進めていってください。

 

ブラック企業の見分け方まとめ

 

この記事では、ブラック企業に当てはまることが多い特徴をまとめました。

こちらが、ブラック企業の見分け方として紹介した10項目です。

  1. 平均勤続年数が短い
  2. 内定を出すことが他社より極端に早い
  3. 企業規模と比較して採用予定者が多い
  4. 研修といって企業でのアルバイトを強要する
  5. 給料が極端に高い
  6. 手当てや歩合が多くて基本給が少ない
  7. 見なし残業がある
  8. 新卒離職率が高い
  9. 口コミサイトでの評判が悪い
  10. 会社から出てくる社員の顔が疲れている

 

以上の項目を満たしたら、ブラック企業である可能性が高いと思います。

ブラック企業では心身ともに壊れてしまいますので、入社する企業選びには気をつけましょう。

 

ちなみに、就活をうまく進めていくためには、就職エージェントを利用することがおすすめです。

就職エージェントとは、優良企業の紹介や選考対策を無料でしてくれるサービスです。

ただ、就活生を悪用する業者も存在しているため、登録には注意が必要です。

 

就職エージェントを利用するのであれば、大手企業が運営するキャリアチケットがおすすめです。

キャリアチケットは営業の電話を全くしてこず、就活生に寄り添ったサポートをしてくれるため、安心して利用することができます。

就職エージェントを利用して、効率的に就活を進めていきましょう。

 

キャリアチケットの公式HPを見る

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です