使える就活サイトの一覧表|ES見放題や無料の適性診断▶︎

【企業研究】全日本空輸(ANA)と日本航空(JAL)を数値で徹底比較

 

早稲田生のソチです。

大手航空会社は就活生から人気であり、倍率はとても高いです。

国内の大手航空会社には、全日本空輸(ANA)と日本航空(JAL)があります。

 

この記事を見ている方は、大手航空会社への就職に興味があると思います。

そこで、全日本空輸(ANA)と日本航空(JAL)の平均年収や売上高などを数値で比較していきます。

 

全日本空輸(ANA)と日本航空(JAL)の会社概要

 

まずは、全日本空輸(ANA)と日本航空(JAL)の会社概要を比較します。

「◯◯の企業研究を見る」というボタンを押すと、詳しい企業情報を見ることができます。

 

全日本空輸(ANA)の会社概要

 

まずは、全日本空輸(ANA)の基本的な情報を紹介します。

  • 社長 平子裕志
  • 従業員数 13,928名
  • 年間休日 121日
  • 夏期休暇 4日
  • 年末年始休暇 4日
  • 平均年収 818万円
  • 大卒初任給 217,057円
  • 修士初任給 224,959円

 

全日本空輸(ANA)は、国内線・国際線ともに首位の企業です。

就職人気企業ランキングでは上位の常連であり、倍率がとても高いことで有名です。

 

年収は職種により変わってきますが、30歳で600万円を超える社員が多いようです。

全日本空輸(ANA)の詳しい情報は、全日本空輸の企業研究で紹介しています。

 

全日本空輸の企業研究を見てみる

 

日本航空(JAL)の会社概要

 

つぎに、日本航空(JAL)の基本的な情報を紹介します。

  • 社長 植木義晴
  • 従業員数 12,144名(男6,116名 女6,028名)
  • 平均年齢 41.6歳(男46.1歳 女37.0歳)
  • 平均勤続年数 17.1年(男22.9年 女11.2年).
  • 年間休日 完全週休2日制、祝日(120日以上)
  • 夏期休暇 なし
  • 年末年始休暇 4日
  • 有休取得平均 17.0日
  • 新卒3年後離職率 8.8%
  • 平均年収 859万円
  • ボーナス 5.0ヶ月
  • 大卒初任給 224,000円

 

日本航空(JAL)は、国内線・国際線ともに全日本空輸に次ぐ2位の会社です。

日本航空(JAL)は、就職人気企業ランキングでは上位の常連です。

 

働き方改革が進んでおり、ワークライフバランスの調整がしやすくなっています。

有休取得平均は、17.0日と非常に高い数値となっています。

日本航空(JAL)の詳しい情報は、日本航空の企業研究で紹介しています。

 

日本航空の企業研究を見てみる

 

スポンサードサーチ

全日本空輸(ANA)と日本航空(JAL)を数値で比較

 

全日本空輸(ANA)と日本航空(JAL)を数値で比較していきます。

会社選びや企業研究に役立ちますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

全日本空輸(ANA)と日本航空(JAL)の売上高の比較

 

全日本空輸(ANA)と日本航空(JAL)の2017年の売上高です。(単位:百万円)

  1. 全日本空輸(ANA) 1,765,259
  2. 日本航空(JAL) 1,288,967

 

売上高の比較では、全日本空輸(ANA)が日本航空(JAL)を大きく上回りました。

全日本空輸(ANA)が、国内首位の航空会社ということになります。

 

全日本空輸(ANA)と日本航空(JAL)の営業利益の比較

 

全日本空輸(ANA)と日本航空(JAL)の2017年の営業利益です。(単位:百万円)

  1. 日本航空(JAL) 170,322
  2. 全日本空輸(ANA) 145,539

 

売上高では、全日本空輸(ANA)が日本航空(JAL)を上回っていたにもかかわらず、営業利益では逆の結果となりました。

日本航空(JAL)は利益率が良く、堅実な経営をしていることがわかります。

 

全日本空輸(ANA)と日本航空(JAL)の経常利益の比較

 

全日本空輸(ANA)と日本航空(JAL)の2017年の経常利益です。(単位:百万円)

  1. 日本航空(JAL) 165,013
  2. 全日本空輸(ANA) 140,375

 

経常利益でも、日本航空(JAL)が全日本空輸(ANA)を上回りました。

全日本空輸(ANA)は、収益性を改善していくことが課題でしょう。

 

全日本空輸(ANA)と日本航空(JAL)の純利益の比較

 

全日本空輸(ANA)と日本航空(JAL)の2017年の純利益です。(単位:百万円)

  1. 日本航空(JAL) 164,174
  2. 全日本空輸(ANA) 98,827

 

もちろん純利益でも、日本航空(JAL)が全日本空輸(ANA)を上回りました。

営業利益や経常利益よりも、純利益で1番大きな差が開きました。

 

全日本空輸(ANA)と日本航空(JAL)の平均年収の比較

 

全日本空輸(ANA)と日本航空(JAL)の平均年収の比較です。

  1. 日本航空(JAL) 859万円
  2. 全日本空輸(ANA) 818万円

 

平均年収の比較では、日本航空(JAL)の方が高いことがわかりました。

どちらも800万円を超えていることから、給料水準が高いことがわかります。

 

全日本空輸(ANA)と日本航空(JAL)の大卒初任給の比較

 

全日本空輸(ANA)と日本航空(JAL)の大卒初任給の比較です。

  1. 日本航空(JAL) 224,000円
  2. 全日本空輸(ANA) 217,057円

 

大卒初任給の比較でも、日本航空(JAL)の方が高いことがわかりました。

日本航空(JAL)が特別高いわけではなく、どちらも一般的な金額であるといえます。

 

全日本空輸(ANA)と日本航空(JAL)のVorkers評価点の比較

 

全日本空輸(ANA)と日本航空(JAL)のVorkers評価点です。(2018年10月時点)

  1. 全日本空輸(ANA) 3.49
  2. 日本航空(JAL) 3.41

 

Vorkersの評価点では、全日本空輸(ANA)が上回る結果となりました。

全日本空輸(ANA)の3.49は高い水準であるため、働きがいのある企業なのでしょう。

 

全日本空輸(ANA)と日本航空(JAL)の従業員数の比較

 

全日本空輸(ANA)と日本航空(JAL)の従業員数の比較です。

  1. 全日本空輸(ANA) 13,928名
  2. 日本航空(JAL) 12,144名

 

従業員数の比較では、全日本空輸(ANA)の方が多い結果となりました。

どちらも1万人を超えており、その差は僅かであるといえます。

 

全日本空輸(ANA)と日本航空(JAL)の長期休暇の比較

 

全日本空輸(ANA)と日本航空(JAL)の長期休暇(夏期休暇+年末年始休暇)の比較です。

  1. 全日本空輸(ANA) 8日
  2. 日本航空(JAL) 4日

 

長期休暇(夏期休暇+年末年始休暇)の比較では、全日本空輸(ANA)が大幅に上回りました。

日本航空(JAL)の4日というのは、全業界で見ても少ない日数であるといえます。

 

全日本空輸(ANA)と日本航空(JAL)の比較まとめ

 

全日本空輸(ANA)と日本航空(JAL)の比較では、どちらも数値が拮抗していました。

どちらの企業に入社するかは、自分の価値観に照らし合わせて考える必要があります。

 

全日本空輸(ANA)と日本航空(JAL)も、魅力的な特徴を持っています。

それぞれの企業の選考情報や強み・弱みは、全日本空輸(ANA)日本航空(JAL)の企業研究でくわしく紹介しています。

就活対策を深めていき、大手航空会社から内定をもらえるように頑張りましょう。

 

全日本空輸の企業研究を見る日本航空の企業研究を見る

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です