使える就活サイトの一覧表|ES見放題や無料の適性診断▶︎

就活生の3月の就活スケジュールを公開!説明会にES提出に大忙し

 

早稲田生であり、大手メーカー就職予定のソチです。

現状の就活スケジュールでは、3月1日が就職活動の情報解禁日となっています。

就活が本格化する3月は、説明会やエントリーシート提出で、かなり忙しくなります。

 

とはいっても、3月がどのぐらい忙しいものなのか、イメージすることは難しいですよね。

そこで、情報解禁後の3月の忙しさを理解してもらうために、私が就活生だったときの3月のスケジュールを公開します。

私のスケジュールを参考に、3月の動き方について計画を立ててみましょう。

 

3月の就活スケジュール

 

さっそく、私の3月の就活スケジュールを公開したいと思います。

こちらが、私が就活生のころの3月の就活スケジュールです。

 

3月1日(木)

3月2日(金)

3月3日(土)

3月4日(日)

3月5日(月) 学内説明会3社

3月6日(火) 学内説明会2社、1次面接

3月7日(水) 学内説明会2社、個別説明会1社

3月8日(木) 学内説明会5社、WEB説明会1社

3月9日(金) 学内説明会2社、個別説明会1社

3月10日(土)

3月11日(日)

3月12日(月) 学内説明会1社、個別説明会1社、テストセンター

3月13日(火) 個別説明会2社、WEB説明会1社

3月14日(水) 学内説明会1社、個別説明会1社

3月15日(木) 2次面接

3月16日(金)

3月17日(土)

3月18日(日)

3月19日(月) 個別説明会1社

3月20日(火)

3月21日(水)

3月22日(木) 個別説明会1社

3月23日(金) 個別説明会1社

3月24日(土)

3月25日(日)

3月26日(月) 個別説明会2社、1次面接

3月27日(火) 個別説明会1社

3月28日(水) 個別説明会1社、1次面接

3月29日(木) 個別説明会2社

3月30日(金) 1次面接

3月31日(土)

 

以上が、私の3月の就活スケジュールです。いかがでしたか?

こんなに就活をしていて忙しそうと思った方も、毎日就活していたわけではないんだと思った方もいるでしょう。

 

3月の就活を振り返ると、以下のような日々を過ごしていました。

平日は、説明会に参加して夕方に帰宅し、エントリーシートやWEBテストなどを提出します。

土日は、就活の予定が入ることが少ないため、アルバイトやエントリーシートなどをこなします。

3月後半からは面接が始まるため、面接練習や企業研究も力を入れ始めました。

 

MEMO
インターンシップからの早期選考では、3月より前から面接が始まることがあります。私も2月後半に、面接が始まった企業がありました。

 

私の就活スケジュールを見ると、週に4日程度の就職活動ですが、実際はほぼ毎日なにかしらの就活をしていました。

エントリーシートは3月中に30社以上提出しましたし、WEBテストも10社以上は受験しました。

就活では、就活スケジュールには載らない自宅での作業(エントリーシート、WEBテスト)が、とても大変なのです。

 

MEMO
私の場合は、エントリー予定の企業がたくさん学内説明会に参加していました。そのため、個別説明会に参加する回数が少なくて済みました。

 

スポンサードサーチ

就活が始まる3月1日より前にするべきこと

 

3月からの就活をスムーズにこなすため、3月1日より前にできることはたくさんあります。

その中でも、絶対にやっておくべきことを3つ紹介します。

 

エントリー企業の決定

 

3月は多くの企業で説明会が開催されます。

説明会が開催される3月になってから、エントリー企業を決めていては遅いです。

事前にある程度のエントリー企業を決めておかないと、エントリーシートの締切を逃してしまうなどの事態が起こってしまいます。

説明会はエントリーする企業を見つける場所というより、面接や志望動機に使えるネタを探す場所というイメージです。

 

説明会が開催されていない3月より前に、どうやってエントリー企業を決めるんだよ!と思った方もいるかもしれません。

3月以前にエントリー企業を決定するために役立つのが、インターンシップです。

インターンシップに積極的に参加することで、自分の興味がある業界・企業をしぼることができ、エントリー企業を決定することができます。

 

MEMO
3月までにエントリー企業を決定できなかった場合は、合同説明会などを利用しましょう

 

とはいっても、インターンシップを開催していない企業もありますし、エントリー企業を完全に決定しろと言っているわけではありません。

ある程度のエントリー企業を事前に決定しておくことによって、3月から効率的に行動できますよ、と伝えたいのです。

少しずつで良いので、徐々に興味のある業界・企業をしぼっていきましょう。

 

私は3月になる前に、エントリー企業50社を決定していました。

エントリー企業を決定するときのコツは、50社ESを出したソチのエントリー企業の決め方・選び方で紹介しています。

こちらの記事を参考に、少しずつエントリー企業を決定していきましょう。

 

エントリーシートのテンプレート作成

 

3月、4月には、エントリーシートの提出ラッシュが始まります。

エントリーシート提出のラッシュ時には、1日に3社のエントリーシート締切がある場合もあります。

そのようなエントリーシート提出ラッシュを乗り切るためには、エントリーシートのテンプレートの作成が必要です。

 

学生時代に頑張ったこと、自己PR、長所短所などは、多くの企業で出題される頻出の質問です。

そのようなエントリーシートにおける頻出質問のテンプレートを、事前に準備しておくことは3月以降にとても役に立ちます。

時間に余裕がある3月より前に、それらの頻出質問のテンプレートを作成しておきましょう。

 

MEMO
まずは、頻出質問を400字で書く練習をしましょう

 

エントリーシートの質を高めるためのコツは、受かるエントリーシートの書き方で紹介しています。

こちらの記事を参考に、質の高いエントリーシートが書けるようにしましょう。

 

筆記試験対策

 

甘く見ていると痛い目を見るのが、筆記試験です。

第一志望だった企業に筆記試験で落ちてしまい、面接すら受けられなかった友人がいます。

筆記試験は高学歴の学生でも普通に落ちるため、SPIや玉手箱の対策は必須です。

 

MEMO
企業によって出題される筆記試験の形式が違います。第一志望の筆記試験の形式を調べ、その形式を重点的に勉強しましょう

 

筆記試験対策は、勉強をすればいいだけなので、早めに対策を始めましょう。

就活の筆記試験対策は、「SPI超実践問題集」という本を利用すれば簡単です。

 

 

筆記試験対策の参考書に迷っている就活生には、本気でおすすめできる参考書となっています。

 

就活が始まる3月以降に大切なこと

 

これまで、3月1日より前にするべき就活対策を紹介してきました。

ここからは、就活が始まる3月以降に大切なことを紹介していきます。

 

体調管理

 

当たり前ですが、体調管理には細心の注意を払ったほうが良いです。

私は4月に風邪をひき、熱がある状態で満員電車にゆられ、ガラガラ声で面接を受けました。

体調が悪い状態での就活は辛いですし、面接官からの印象もあまり良くないでしょう。

 

私の場合は、なんとか就活ができるレベルの風邪でしたが、寝込んでしまうと大変です。

面接の日程を組み直してくれる企業もありますが、ご縁がなかったと不合格になる企業もあります。

寝込むとエントリーシートの提出もできなくなるため、体調だけは壊さないように気をつけましょう。

 

モチベーション管理

 

モチベーションが高い状態で3月が迎えられるように、モチベーション管理をすることも大切です。

エントリーシートや説明会を面倒だと考えてしまうと、精神的にきつい就活になってしまいます。

できるだけ前向きな気持ちで就活に取り組めるように、モチベーション管理に努めましょう。

 

個人的におすすめなモチベーションを高める方法は、就活後にやりたいことや初任給の使い道を考えることです。

就活を頑張った先にある明るい未来を想像することで、就活のモチベーションを高めることができました。

また、就活の情報を共有できる友達を作り、刺激をもらうのも1つの方法です。

就活を頑張っている友人がいると、焦りが生まれるため、就活を頑張るモチベーションになってくれます。

 

選考結果に一喜一憂しないこと

 

モチベーション管理と似ていますが、選考結果に一喜一憂しないことも大切です。

就活が始まると、選考結果が毎日のように届きます。

その選考結果に、いちいち気持ちを揺さぶられていては、精神的に大変な就活となります。

 

選考の結果に一喜一憂ぜずに、強い気持ちを持ち続けることが就活には必要です。

面接を通過したとしても、内定をもらうまでは何も手をしていないのと同じです。

もし選考に落ちたとしても、あなたに能力がないのではなく、その企業があなたに合わなかっただと気楽に考えましょう。

 

志望度が高い企業の選考後には、選考結果が気になって仕方ないこともあるでしょう。

私も第一志望の企業の選考後には、選考結果が気になって何も手がつかなくなりました。

そこで、みん就は1日に1回だけ見るなどとルールを決めて、気持ちをうまく切り替える必要があります。

 

スポンサードサーチ

3月の就活まとめ

 

就活が本格化する3月からは、とても忙しくなります。

私の就活スケジュールからも、その大変さが理解してもらえたと思います。

私が紹介した就活スケジュールを参考にしながら、3月からの計画をたててみましょう。

 

そのような3月からの就活を効率的にこなすためには、事前準備が大切です。

3月より前に、エントリーシートや筆記試験の対策、エントリー企業の決定をすることで、効率的に就活を進めることができます。

3月以降の就活を楽にするため、今から少しずつやるべきことをこなしていきましょう。

就活でやるべきことのすべては、内定獲得のためにやることで紹介しています。

 

それでは、就活がんばってください。応援しています!

こちらのブログでは、このような記事が人気です。

隠れ優良企業

BtoBメーカーの隠れ優良企業40社をまとめてみた

全国転勤なし

全国転勤なしの大手企業50社以上を一覧で掲載しました

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です