使える就活サイトの一覧表|ES見放題や無料の適性診断▶︎

【早稲田20卒】大手BtoBメーカー(半導体)内定者Kさんの就活体験記

 

このブログを運営しているソチです。

ソチ

内定者の就活についてインタビューをします。

今回は早稲田大学20卒で大手BtoBメーカー(半導体系)に内定をもらったKさんです。

メーカーに興味がある就活生や早稲田の方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

大手BtoBメーカー(半導体)内定者Kさんの基本情報

 

まずはKさんの基本的な情報を教えてもらいました。

ソチ

 

Kさんの基本情報はこのようになっています。

  • 名前:K
  • 性別:男
  • 大学:早稲田
  • 文理:文系
  • 就活開始:大学3年12月
  • 就活終了:大学4年6月(実質4月)
  • 志望業界:飲料食品メーカー→BtoBメーカー
  • 受けた業界:上記の2業界とノリでコンサルとSler(早期選考をしてたから)
  • 志望職種:事務系総合職(営業)
  • インターン参加数:夏2社 冬5社
  • OB訪問数:3人
  • エントリー数:30社位
  • ESは出した 面接数:6社 (ESは26社通過)
  • 内定:4社
  • 入社先:大手BtoBメーカー(半導体系)
  • 活動費用:5万くらい
  • 学生時代の活動:サークル◯ 留学× 部活動× 長期インターン×
  • ES面接で話したエピソード:サークルでの活動をメインに自分の強みがこの会社で如何に発揮されるかを力説した

 

スポンサードサーチ

大手BtoBメーカー(半導体)内定者Kさんの就活の進め方

 

まずは、Kさんの就活の進め方について質問をしていきます。

ソチ

 

就活の進め方として、具体的に以下の4つを聞いてみます。

  1. 自己分析のやり方
  2. BtoBメーカーの志望理由
  3. エントリー企業の決め方
  4. いまの内定先を選んだ理由

 

自己分析のやり方

 

さっそくですが、Kさんはどのように自己分析をしていましたか?

ソチ

 

自分にとってこれだけは外せないと考える事は何か(お金、勤務地、やり甲斐、成長性等)を再確認する程度に留めた。

個人的な意見ではあるが、自己分析は主観でしかないから、他人から見られている自分の方が就活においては重要なのかなとも感じる。

 

BtoBメーカーを志望した理由

 

Kさんが、BtoBメーカーを志望した理由を教えてください

ソチ

 

サマーインターンの段階で企業選びをする際に、ソチさんのツイートを拝見して気になった企業をスクショしておいた事がきっかけで内定先に出会う。

その後馴染み深い事業内容の飲料・食品メーカーを志望して就活をスタートしたが、インターンや知り合いの社会人に話を聞くうちに、ある程度商品のブランド前提の飲料・食品メーカーの営業では、営業としての基本的なスキルはあんまり身につかないのでは無いか、信頼獲得のために取引先に通い詰める営業は時代遅れ感が否めないと感じ始めたため、よりスキルを高められる可能性が高いBtoBメーカーを志望した。(飲料も食品も受けた)

 

エントリー企業の決め方

 

Kさんは30社にエントリーしたとのことですが、どのようにエントリー企業を決めましたか?

ソチ

 

30社にエントリーした理由:全落ちリスクを避けたかったため

エントリー企業を決める際に意識したこと:平均年収800万以下の企業には行きたくないという考えがあったが、世の中そんな甘くないので650万以上の会社から、事業内容が興味のあったBtoBメーカーの半導体関係の企業と、飲料食品メーカー、父親に向いてると言われたコンサル、母の希望で銀行から30社ほど選択

 

今の内定先に入社することを決めた理由

 

Kさんは4社に内定をもらっていますが、入社する企業はどのように決めたのですか?

ソチ

 

勤務地、給料、内定後の面談やメールでの誠実さ、等を踏まえた上で総合的に判断したが、決めては転勤の有無。

自分にとっては転勤は別に嫌な事でも無いと考えていたが、マイホームを買うと飛ばされる会社がある事を知ったり(友人の兄が飛ばされた)、転勤があると人生プランが狂う可能性があるということ、転勤があると自分以外の誰かの人生も左右しかねない(子供や嫁)ことから、転勤がほとんど無い会社に行こうと決めた。

 

大手BtoBメーカー(半導体)内定者Kさんの選考対策

 

つぎに、Kさんの選考対策のやり方について質問をしていきます。

ソチ

 

選考対策のやり方として、以下の4つを質問してみます。

  1. エントリーシート対策
  2. WEBテスト対策
  3. グループディスカッション対策
  4. 面接対策

 

エントリーシート対策

 

エントリーシート対策と通過のコツについて教えてください。

ソチ

 

起承転結になっているかはチェックした。

また、会社が求める人材像に当てはまるように書いた。

ガクチカはサークル活動において自分がいかに自ら考え行動できるかについて、志望理由はやりたい事がこの会社で実現出来る理由等を書いた。

志望理由では他社との比較を行うことで伝えやすく工夫した。 ぶっちゃけ味の素以外全部通った

 

参考サイト:ワンキャリ

 

WEBテスト対策

 

WEBテスト対策はどのように行っていましたか?

ソチ

 

ナツメ社のSPIの本を2周くらい解いて、解き方をある程度頭に入れておいた。


あとは玉手箱、tg-webは同じ問題が結構出てくるのでメモしたりして、解答時間を短縮出来るように努めたが、結局webテストよりESが重視されるだろうと考え、ESの内容を兎に角推敲して完璧なものを提出できるようにした。

 

グループディスカッション対策

グループディスカッションの対策でしていたことと通過のコツを教えてください

ソチ

 

場慣れが大事だと思ったので兎に角沢山グルディスに挑んだ気がする。

発言が求められる会社では、沢山発言して論の主導権を握り、銀行等イエスマンが求められていそうな会社の時には、積極的に発言するよりも雰囲気を壊さずにグループの論点がズレた時に修正する役割を担うなど、会社によって戦い方を変えた。

ファシリテーターになる=通過では無いとインターン選考の時に感じた為。

通過率は9割近かった。(サッポロビールの本選考と、三井住友カードのインターン選考以外は通った)

 

面接対策

 

それでは、面接対策はどのようにしていましたか?また、面接対策のポイントがあれば教えてください

ソチ

 

通りやすい声で、基本的には論理的に話す事を心がけた。

噛んでも、詰まっても、慌てること無く話せば通ると考えたため、兎に角平常心を装った。

また、グルディスと同じように企業ごとにアピールポイントを変えたりした(熱血系の会社では脳筋系の元気で明るい学生、他の会社では論理的な落ち着いて話す等)

 

終始笑顔で話すことも意識した。

面接前のアイスブレイクで笑いを取ることもしてみた。

強調したいところは身振り手振りを交えて話したりもした。

 

質問されて直ぐに発言するよりは頭の中で推敲したり、冷静に質問の意図を解釈する時間を取る事も多かった。(1.2秒程度)

この質問の意図を把握する時間や間は内定後に高評価を受けたので、直ぐ答えようとして変な事を言うよりは、冷静に質問の意図を噛み砕いた方が絶対良い。

 

スポンサードサーチ

大手BtoBメーカー(半導体)内定者Kさんの就活を振り返って

 

さいごに、Kさんの就活を振り返ってもらおうと思います。

ソチ

 

就活を振り返ってもらうために、以下の3つを質問してみます。

  1. 就活で重要なこと
  2. 就活で後悔していること
  3. 就活に役立った就活サービス

 

就活で重要なこと

 

大手BtoBメーカーに内定をもらったKさんが考える、就活を成功させるために必要なことを教えてください。

ソチ

 

徹底した準備、逆質問で何を聞くか、質問されることを想定して事前に何を話すか決めておくこと。

失敗からどこまで学べるか、なぜ落ちたのかを冷静に考えてアップデートを重ねれば自然に面接の出来は形になってくるので、準備と反省が全てと言っても良い。

 

後は情報をいかに握るか、ワンキャリ外資就活みんしゅうで情報を集め、記事を観て学ぶ事で何をすべきかを理解できる。

あとは兎に角実戦に臨むこと、どうせ行かないと思っていてもベンチャーとかコンサルの早期選考には行くべき、インターンと本選考では周りの人の本気度が違うし、成長スピードも桁違いなので。

 

就活で後悔していること

 

Kさんが就活で後悔していることを教えてください。また、もう1度就活をするとしたら何を意識しますか?

ソチ

 

後悔していることは転勤が自分以外の人の人生に関わること事をもっと真剣に考えておくべきだった。

就職先を決める段階で考えたため、時間を無駄にした感が否めない。

 

もし就活をやり直せるのであれば、飲料メーカーは受けないし、インターンにも行かない。

インターンは飲料メーカーや消費財メーカー等のBtoCメーカーばっかり行ったので無駄にした。

時間を別の業界に回せば良かったかもしれない。デベロッパーとか商社とか受けてたかも。

就活をやり直せたとしても今の内定先に行くと思うから、時間を無駄にしたってこと以外は後悔なし。

 

おすすめの就活サービス

 

Kさんが就活をしていたときに、役に立った就活サービスを教えてください

ソチ

 

1位:外資就活

利用者のレベルが高いので参考になる情報が多い

 

2位:ワンキャリ

ESや体験談の質が高く参考になる

 

3位:OfferBox

結構良い企業から逆スカウトが来る

 

4位:iroots

上に同じ

 

5位:openwork

理由は幻想と現実の一致度がわかるため

 

大手BtoBメーカー(半導体)内定者Kさんから就活生にメッセージ

 

さいごに、Kさんから就活生にメッセージをお願いします。

ソチ

 

行きたい企業に行ける事が全てでは無いと思うし、入った事よりもその先に何をするかだからあまり選考結果に一喜一憂する必要無い。

落ちたとしても、それはその企業と自分のこれまでの人生が合っていないだけだから気にする必要無し。

就活の記事を見ると意識高い人ばっかりでビックリするかもしれないけど、自分は意識低い人の代表例なので自分の体験を参考に意識低い人は意識低いなりに人生最後の大一番に全力で取り組んでください。

あとは嘘ついてでも内定取った人の勝ちみたいなところがあるから、やり過ぎ無い程度に嘘ついたりするのも重要。

 

Kさん、参考になる就活体験記をありがとうございました!

ソチ

 

その他の就活体験記は、こちらから読むことができます。

様々な内定者の就活体験記を参考にしてみてください。

 

その他の就活体験記を見る

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です